愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

課外講座より

2017年4月アーカイブ

昨年度に引き続き、今年も月に一度のお楽しみ、みんな大好きなえっちゃんのおはなし会の日がやってきました。

 

ohanasi17-4 (1).JPG

「私の名前はたけつえつこです。みんなえっちゃんってよんでね!」

という自己紹介をしてくれたのですが、するまでもなく職員室に入るえっちゃんを見かけた子ども達が「えっちゃん!今日はなんのお話してくれるの?」「ぐりちゃんもきてる?早く会いたいな。」と次々と声を掛け、期待に胸を膨らませる姿が見られました。

 

そんな今日のラインナップはこちら。

ohanasi17-4 (2).JPG

ohanasi17-4 (3).JPG

 ohanasi17-4 (4).JPG

ohanasi17-4 (5).JPG


3冊の絵本と、ペープサートです。


そしていざ話が始まると・・・

 

ohanasi17-4 (6).JPG

絵本の世界に入り込み、

 

ohanasi17-4 (7).JPG

手遊びを一緒に楽しみ、

 

ohanasi17-4 (8).JPG

笑い声がホールいっぱいに響きました。

 

ohanasi17-4 (9).JPG

未満児の子も楽しむ様子も見られました。

 

子ども達が今まさに楽しんでいる泥遊びについてや、ホールに飾ってあるこいのぼりを見上げながら見た絵本の他にも、一緒に身体を動かす手遊びや、「アイアイ」「こぶたたぬききつねねこ」「ちゅうりっぷ」など好きな歌がたくさん盛り込まれたパネルシアターなど子ども達は40分近くあった集会中、ずっとえっちゃんに夢中で楽しみました。

 

ohanasi17-4 (10).JPG

最後は腹話術人形、ドングリオこと「グリちゃん」も登場。こども園の子ども達は、えっちゃんとぐりちゃんの虜になりました。終わったばかりなのに「次はどんな話をしてくれるのかな?」と期待に胸を膨らませている子ども達の声が・・・。

これからもえっちゃんとぐりちゃんと一緒に、たくさんのおはなしに触れ合っていきたいと思います。


年中児と年長児が、学年別に「チームラボ」に行ってきました。年中・年長に進級してから初めての園外保育です。学園長先生からの「ルールを守って、友達と仲良く楽しみましょう。」という約束を守り、様々な遊びにふれることができるよう、クラスの友達とコーナーを回りました。

 

rabo-c (2).JPG

rabo-t (5).JPG


rabo-c (3).JPG

お絵かきコーナーでは描いた魚や車をスキャンしてもらうと、本物のように動き出す仕組みに驚いたのと同時に、嬉しくて何度も絵を描く子がいました。自分の描いた物が動くので追いかけて、「私の魚と○○ちゃんの魚がおはなししてる。」と一緒に泳いでいる気持ちになりました。

 

rabo-t (8).JPG

 

 子ども達得意のけんけんぱでは、順番を守り上手に跳んでいきます。この遊びでは、やるのも楽しいけど、友達が跳ぶたびにかわる映像に魅了され、「頑張れ!」と応援する姿が多かったです。

 

rabo-c (5).JPG

rabo-t (7).JPG

 

車や食べ物の積木を置くと映像に変化が見られたり、手を置くと小人が現れたりと、どんどん変化する映像に「小人さんがケーキを食べにきたよ。」「どんどん道がつながるね。」と楽しさを感じていました。


rabo-t (3).JPG

 

転がしたり、叩いたりすると音と光の変化に魅力を感じ、人気No,1はボールコーナーでした。叩く度に色が変わり、叩いているとボールが跳ね「次は何色になるのかな?」とおもしろさを感じていました。そして、このコーナーで子ども達の成長を感じる場面がみられました。数に限りがあることをしっかり理解し「小さい友達がいるからぼくたちは2人でボールを使おうよ!」と学園長先生との約束をしっかり守り、みんなで仲良く遊ぶためにはどうすればいいかを考えて行動することができました。

 

rabo-c (7).JPG

 

帰りのバスで「ひかるボールのところが楽しかった。叩くと音と色が変わったよ。」「頑張って塗った魚が動き出して嬉しかったよ。」と手を挙げて、今日の楽しかったことを発表してくれました。子ども達が持ち帰った魚や車などの塗り絵を持っていくと、映像として映し出してくれるそうです。5月7日まで開催されているそうなので、ぜひご家族でも足を運んでみてはいかがでしょう。


綺麗な歌声を聴かせてくれる清水みちこ先生、ピアノの上手な豊田みずよ先生が今年も音楽集会で素敵な演奏をしてくれます。今日はみずよ先生がピアノでショパンの「ワルツ第14遺作」そしてみちこ先生が「さくらさくら~シューベルトの野ばらメドレー」を演奏してくれました。

 

ongaku17_4 (1).JPG

「どうやったらこんな綺麗な歌声で歌えるようになるんだろう。」

 

ongaku17_4 (2).JPG

 年中・年長児で昨年度の経験を生かして発声練習を行いました。

「身体全体を使って声を出すためには、正しい姿勢で歌うことが大切。」とアドバイスをいただき、足は肩幅まで開くこと、手は横にして歌うことなど姿勢の確認や声の出し方を教えてもらいました。

 

ongaku17_4 (3).JPG

発声練習をした後、「ちょうちょう」を全員で合唱しました。

 年少児もお兄ちゃん・お姉ちゃんの真似をして大きな口を開けて歌うことが出来ました。

 お腹に手を当ててお腹から声が出ているか確かめたり、ステージの向こうに山があると思って、山に届ける気持ちで歌ってみたり、アドバイスいただいたことを生かしながら歌う姿が見られました。

 

ongaku17_4 (4).JPG  

「どうして5月5日の子どもの日にこいのぼりをあげるの」という疑問を解決するために紙芝居の読み聞かせをしました。
こいのぼりをあげるのは「男の子が元気な男の子に育ってほしい」という願いが込められており、鯉が滝を登り、竜になって天に登った言い伝えからこいのぼりになったと知りました。
読み聞かせの後は皆で「こいのぼり」の歌を歌い、清水先生と豊田先生に1年間よろしくお願いしますの気持ちを込めて園歌も歌いました。

年長に進級し10日。子ども達が楽しみにしていたたけのこ掘りに出かけました。今しか体験できない旬のたけのこ掘りに悪戦苦闘しながらも、友達と協力して楽しんだ昨日の様子をご覧下さい。

 

17_takenoko (1).JPG

「たけのこは一日ですぐ大きくなるんだよ」

 

17_takenoko (2).JPG

「根っこが強くてなかなか掘れないね。」

 

17_takenoko (3).JPG

「優しく傷つけないように掘るんだって!」

 

「次取る人のために残してあげんといかんよね!」と、全部取らずに大きなたけのこを残す子も。優しさも忘れません。収穫したたけのこは園へ持ち帰り、学園長先生の話を聞きながら皮むきに挑戦です。


 「何枚も洋服を着て、自分の身を守っているんだよ!」

「ええーー?!」


17_takenoko (4).JPG


「たけのこの皮ってザラザラしてるね」

 

17_takenoko (5).JPG

「えっ!たけのこって穴が開いとんや!!」

「給食で食べるのが楽しみだね」

 

ただ収穫するだけではなく、たけのこの生態や成長についても勉強した子ども達。収穫を手伝ってくれた方々へ感謝の気持ちも忘れていません。「お腹すいたなー」「たけのこご飯食べたいな」とすでにたけのこ三昧の給食を楽しみにする声も聞こえてきました!これから一年間自然に触れて、子ども達の豊かな気持ちが育ちますように

新しい門出をお祝いするように、桜も綺麗に咲いています。

 

nyuen17 (1).JPG

 

本日、松山認定こども園 星岡に

年少児124名 年中児4名の新しいお友達が入園式しました。

 

お母さんと一緒に手を繋いで登園してきた子ども達は、

ピカピカの制服にかばんを背負って元気に登園。

 

nyuen17 (2).JPG

 

しかし、新しい1歩を踏み出すことに緊張していたようで、

お母さんたちと離れる際には泣いてしまう姿も・・・。

 

nyuen17 (3).JPG

 

元気に入場行進をする子もいれば

お母さんを探してキョロキョロする子や、

「一緒だね」と名札を見せ合う子など自由な姿が微笑ましかったです。

 

入園式には、星岡町の副会長様をはじめ、

7名の来賓の方がお祝いにかけつけてくれました。

 

西宮学園長による式辞と保護者会 会長による祝辞が終わると


音楽と同時にステージの幕がオープン。

すると中から年長児9名による宇宙探検隊が凛々しく登場。


nyuen17 (4).JPG


号令に合わせて敬礼や向きを変える姿に入園児さんたちもびっくり。

年長児の凛々しい姿に見とれて泣き止む子もいました。


nyuen17 (5).JPG

 

年長さんからのお祝いの歌「ありがとうの花」では、

感動するお母さんたちが続出。

 

次は、先生たちからのお話です。

スライドを見ながら歌を歌ったり、手遊びをしたりしました。


nyuen17 (6).JPG


園の雰囲気にも慣れて

この頃にはケロッと笑顔を見せてくれるようになりました。

明日から賑やかな園生活が期待できそうです。


« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年5月 »