愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

課外講座より

2016年12月アーカイブ

夏休み特別保育造形の講師としてお越しいただき年長児と一緒に「テテの木」を作った東雲大学教授増本先生に「クリスマスのオブジェを学生が作ったから来ませんか?」と招待して頂きました。増本先生に「クリスマスってなんの日か知ってる?」と聞かれた子ども達は「サンタさんがプレゼントをくれる日!」と即答・・・

そんな子ども達に

そうだね。サンタさんがプレゼントをくれる日だけど、今から2000年も前にイエス・キリストという人が生まれたとても素敵な日なんだよ。


1.JPG

 

と優しく教えてもらいました。「イエス・キリスト?」と頭の中はハテナでいっぱいでしたが、

イエス・キリストはヨセフとマリアという人の子どもで、

マリアのお腹にいる時に天使様がやってきて「生まれてくる子は、神様の子ですよ。困った人を助けるために生まれてきたのですよ。」と教えてもらいました。


2.JPG

 

作品をじっくり見ながら、真剣な表情で話を聞きます。「イエス様なんて初めて聞いたなー」「クリスマスってサンタさんだけじゃないんだね」などと言葉にする姿が見られました

 

大学のキャンパス内にはきれいなステンドグラスが。

ステンドグラスについて増本先生に教えていただきました。


 3.JPG


「ステンドグラスはね、神様のお家にあるんだよ。

いろいろな色のガラスでできていて、光が当たると

とってもきれいに見えるんだよ。」

 

作品を見た後は、学生による、パネルシアター!

ひよこが様々な食べ物を食べ、食べたものの色になってしまうという楽しいお話をしてくれました。


 4.JPG


「リンゴ食べたら、真っ赤になっちゃったー!」


5.JPG


「どんな食べ物が出てきたかな?」

 

「これ食べていいかな?」「どんな色になるかな?」などの学生の問いに対し、しっかり返答することができました。

ヒヨコが様々な色に変化するたびに友達と顔を合わせて笑いあったり、

「次は何色になるんやろ」と期待を持ったりする姿が見られました

 

今回、普段なかなか触れることのない、キリスト教に触れることができ、クリスマスにはサンタからプレゼントをもらうだけでなく、キリストの誕生をお祝いする日だということを知ることができる機会となりました。

ご家庭でもクリスマスってどんな日なのか子どもたちと話してみてください。

クリスマス会で、サンタさんやえっちゃんに絵本やお話のプレゼントをもらいました。今日は、音楽集会でお馴染みのミチコ先生とミズヨ先生からも、素敵な歌のプレゼントをもらいました。

 

まずは講師の先生方のピアノと歌声です。

 

music12-1.JPG

 

ミズヨ先生はピアノで"主よ 人の望みの喜びよ"を演奏していただき、

ミチコ先生には "クリスマスメドレー"を歌ってくださいました。

 

music12-2.JPG

 

子ども達は、ピアノの音色や歌声をうっとりしながら聴いていました。講師の先生方は、年中のときから音楽に触れていたそうです。これを知った子ども達は、どの子も真剣に耳を傾けていました。クリスマスとは何の日かという問いもバッチリ。(年少・年長は、東雲短期大学にモニュメントを見て、年中は導入として話を聞きました)

 

そのイエス・キリストが生まれた時の様子を表した歌"きよしこの夜"について、ミチコ先生に詳しく教えてもらいました。

 

music12-3.JPG

 

そして、みんなで合唱。"ホッホッホッ"とサンタさんの笑い方のような発声練習をしました。

音楽集会だけでなく、普段の歌う前でもしているため、子ども達も慣れてきたようです。音楽集会を始めた当初、喉から声を出しており、高音は叫ぶような声でした。今では歌う姿勢が身についており、お腹から声がでるため、透き通るような声がでるようになりました。

 

発声練習を終え、いざ本番!

 

♪き~よし~ こ~の夜~

   ほ~しは~ ひ~かり~

 

子ども達の歌声の変わり様に先生たちは、びっくり!「とっても上手に歌えたね!」と拍手をもらいました。

 

music12-4.JPG

 

発声練習で声が変わったのは、子ども達だけではありません。先生たちも、クリスマス会よりもっと綺麗な歌声でメドレーを歌う事ができました。

 

ミチコ先生からも

「声が若い!」「きれい!」とお褒めの言葉を頂きました。思わずニンマリする先生達。

 

music12-5.JPG

 

最後は"あわてんぼうのサンタクロース"をみんなで合奏。

以上児はスズやカスタネットなどの好きな楽器。未満児さんは、手作り楽器の「シンバリン」で合奏をしました。楽器遊びやファンファンデイなどで楽器に触れているため、しっかりと合わせて演奏ができました。

 

music12-6.JPG


音楽集会を通して、普段の歌遊びや楽器遊びとは違った本物の音楽に触れてきました。大きな声を出して歌うだけでなく、友達の歌声に耳を傾け、綺麗な声で歌うことが身についてきたようです。講師の先生方にも「歌う度に上手になっていきますね。」と褒めていただきました。最後にした"あわてんぼうのサンタクロース"の合奏も合わせる所は、しっかり合わす事ができました。

 

「友達と一緒に歌うと楽しい。」「みんなの音が合わすときれい。」と感じることができるよう、3学期の音楽集会にも力を入れていきたいと思います。

朝から、「今日はクリスマス会だね」「サンタさん、来てくれるかな?」と、とても楽しみにしているようでした。"クリスマス"といえば、クリスマスプレゼントを貰ったり、ケーキを食べたりする印象が強い子ども達。先日、年長・年少児は、松山東雲女子大学に行き、大学の先生からイエスさまの話を聞きましたが、クリスマス会でも、どうしてお祝いするのかを振り返りました。(年中児は20日に行く予定です。)

さて、クリスマスの意味を知ったところで・・・楽しいことだらけの始まりです♪

 

まずは、先生達からの1つ目のプレゼント。それは、トーンチャイム『きよしこのよる』の演奏です。うっとりするような音色で、みんな真剣に聴いていました。

 

kurisumasukai1 (1).jpg


kurisumasukai1 (2).jpg


2つ目のプレゼントは、総勢17名の先生たちによる合唱。

一生懸命練習した成果は出せたのでしょうか!?

子ども達は、「上手だったよ」と誉めてくれました。


kurisumasukai1 (3).jpg


いよいよサンタさんの登場!

なんと、みんなの大好きなえっちゃんを連れて来てくれました。

せっかく来て頂いたので、サンタさんとえっちゃんにもみんなの発表を見てもらうことにしました。

 

わかば組、年少組は『赤鼻のトナカイ』


kurisumasukai1 (4).jpg


年中組は、『うさぎ野原のクリスマス』


kurisumasukai1 (5).jpg


年長組は、合奏をしました。


kurisumasukai1 (6).jpg

kurisumasukai1 (7).jpg


最後の楽しみはやっぱり・・・プレゼント♪

1つ目は、えっちゃんのお話会でした。絵本やエプロンシアター、そしてぐりちゃんの登場。

みんなで楽しい時間を過ごすことができました。


kurisumasukai1 (8).jpg

2つ目は、絵本のプレゼント。クラスの代表の子が、サンタさんからプレゼントを貰いました。教室に戻ると、サンタさんが持って来てくれたみんなの分のプレゼントがありました。

 

kurisumasukai1 (9).jpg


kurisumasukai1 (10).jpg

kurisumasukai1 (11).jpg


3つ目は、スペシャルメニュー。給食も豪華で、サンタさんがデザートやお菓子のプレゼントも持って来てくれました。


kurisumasukai1 (12).jpg


こども園のみんなで楽しい時間を過ごしました。


みんな大好き、えっちゃんのおはなし集会です。

毎月楽しいお話をしてくれるえっちゃん。

今回の絵本は、「おたのしみ じどうはんばいき」と、「へっこき よめどん」の二冊です。

さて、その絵本を聞いた子ども達の反応は・・・?

 

hanasi1 (1).JPG

 

 まず始めの絵本は「おたのしみ じどうはんばいき」。読み聞かせに合わせて自動販売機のボタンを押すと、なんと、ジュースじゃなくて、不思議なものがたくさんでてきます。ページをめくるごとに大盛り上がりで、次は一体何が出てくるのかと、わくわくしながら楽しみました。

 

hanasi1 (2).JPG

 

続く「へっこき よめどん」は、なんと「おなら」のお話。自分の大きなおならを、恥ずかしく思っていたお嫁さんのお話で、読み聞かせに合わせてブーブークッションから聞こえる音にみんな大笑い・・・かと思いきや、なんと真剣な表情で最後まで話を聞いていました。人が「恥ずかしい」と感じていることを笑ってはいけないという、相手を思いやる気持ちが育っていたようです。

その後、部屋に帰ってから話を振り返り、自分の恥ずかしい・直したいと思っていることについて色々な意見が出ました。中には「言いたいことが大きな声で言えないんよ」と言う友達に、「それは優しいけんよ」「お友達のことを思ってるけん、言えんのよね」と、長所として褒めてあげる様子も。子ども達の成長には、驚かされるばかりです。

 

hanasi1 (3).JPG

 

最後はぐりちゃんも遊びに来て、みんなで季節の歌「まっかな秋」を歌いました。

えっちゃん、ぐりちゃん今日も楽しいお話をありがとうございました。

 

 

これからも、毎月のおはなし集会を通し、様々な話の絵本に触れ、子ども達と一緒に学んでいきたいと思います。

« 2016年11月 | メインページ | アーカイブ | 2017年1月 »