愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

課外講座より

2016年6月アーカイブ

年長児の公開保育がありました。

今まで盛り上がっていたお店屋さんごっこのお店が、ホールにて一斉開店です。

 

まずは全体の見取り地図。

 

t-koukai (1).png 

たくさんのお店が開店してくれました。そこで一つ一つの様子を見ていきたいと思います。

 

t-koukai (2).JPG

まずはカキ氷屋さんです。

「かき氷下さい」と大盛況です。人の多さにあたふたしている子が。

「並んで下さい」と順番を守るよう伝え、友達がフォローします。

 

t-koukai (3).JPG

パン屋さんでは、本物さながらで、トングを使ってパンを選びます。やり方が分からない下の子には優しく教えてあげていました。

 

t-koukai (4).JPG

おもちゃ屋さんでは、お客さんが少なくなってきたので、「おもちゃ屋さんに来て下さい」と大きな声で呼びかけています。その頑張りに人が集まってきました。

 

t-koukai (5).JPG

そして最も賑わったレストラン。

お客さんが来たら、「いらっしゃいませ」とメニューを渡し、注文をとります。終わった食器も片付けて元に戻し、自分の役割をしっかり果たします。お運びも上手です!

 

t-koukai (6).JPG

「どれにする?」そう問いかけるその表情は、とても優しくて、さすが年長さんです。

 

t-koukai (7).JPG


t-koukai (8).JPG

「美味しい~!」お母さんやお父さん、そして年中・年少さんのこの笑顔のために、一生懸命準備してきました。

 

t-koukai (9).JPG

ゲームコーナーでは 輪投げがなかなか入らないと少し前に近づけたり、お金を持っていない子には「タダでいいよ」と言ったりする気配りが見られました。成功すると「やったね」拍手をして、一緒に喜びました。


続いて今回の目玉。水族館では魚について詳しい友達に聞きながら、協力して出来あがった生き物館へ、細かい所まで調べて作りました。


t-koukai (10).JPG

特にステージで行ったイルカショーは、子ども達の実演付きで、みんな目が釘付け。大きな拍手が響き渡りました。

 

t-koukai (11).JPG

さらにイルカショーだけでなく、宇宙や生き物などについて調べたことを、グループに分かれて放送しました。

 

t-koukai (12).JPG

そして...

お店だけではなく、物を買うにはお金が必要です。ATMはとても便利で、"ぎんこうけん"これがあれば安心!

 

t-koukai (13).JPG

事前の看板作りでは、文字が読めない子でも分かるように、絵を描きました。分からない時はiPad!写真を見ながら、「スリッパのパだって」「面白いね」素敵な看板の出来あがりです。

 

そうやって全部自分達の力で作り上げた今回のお店屋さんは、どのお店も大盛況の内に終える事が出来ました。

ハッピバースデイ トゥー ユー♪

と誕生日をお祝いする時に「ふぅ~」って吹く、"ふぅ~"って何だろう?今回はそんな不思議から科学遊びを始めました。

 

kagaku-2 (1).JPG

 

子ども達からは「風」、「空気」と言う答えがすぐに返ってきました。では、「空気」って何だろうと問いかけると少し考え込む子ども達。

 

kagaku-2 (2).JPG

 

そこで「みんなに"ふー"って吹くのも空気だけど、実は、『吸って、吐いて、スー、ハー』って、する スーって吸っているのも空気なんだよ。」

それを「酸素」だということを伝え、酸素は生きるために必ず必要なもの。地球には酸素がたくさんあるから生きていられるということも伝えました。また、この前話をした火星には酸素が少ないということも同時に学びました。

 

kagaku-2 (3).jpg

 

次に「空気の写真を撮ったから見てみて」と写真を見せました「見えた?」と尋ねると「見えた!」と、年少児...「見えない」と年中・年長児。四・五歳児には空気は見えないものと理解できたようです。では、この空気を見るためにはどうしたらいいのか?そんな疑問を解決するために実験を始めました。

 

kagaku-2 (4).JPG

 

さて、空気を見る実験を始める前に「どうすれば見えるかな?」と尋ねました。すると、ある年長児がこんな回答をしてくれました。「水の中に潜ってブクブクってすれば見えます。」と。第一回の科学遊びの時に話をしたお風呂でガーゼを使って遊ぶとブクブクって泡が出るよと話したことと今回の空気が繋がっていたようです。前回に引き続き驚きの答えでした。

 

kagaku-2 (5).JPG

 

今回の実験は段ボール箱を使用し作った空気砲です。まずは先生に向けて空気をボンッ...すると、髪の毛がフワッ揺れました。次に、誕生日ケーキを向けてボンッ...すると、ロウソクの火が消えました。これで空気砲から空気が出ているということは分かった様子。では、いよいよ空気を見る実験。ある仕掛けをした空気砲をボンッとすると白い煙が飛びだしてきました。みんなからは「おぉ~見えた」との声。白い煙の正体はドライアイスと線香です。みんなもどんなものを使用すれば空気が見えるか考えてみてねと伝え、今回の科学遊びを終えました。

 

次回のテーマは「エネルギー」です。

 

今日は年中組の公開保育です。

雨上がりの少し肌寒い今日は、絶好のシャボン玉日和!プールはできなかったけど、大きなシャボン玉がフワフワと屋根の上まで飛んでいきました。

 

c-koukai (1).JPG

 

雨の日、曇りの日でも楽しいことがいっぱい!

シャボン玉を飛ばすだけでなく、シャボン液の開発や道具の工夫もiPadで調べながら作っています。

 

c-koukai (2).JPG

 

また、年長児の影響を受け、「自分達もお店屋さんをしたい!」とやる気満々。

今日はすみれ組さんのアイスクリーム屋さんがOPENしました。なんと1個100円という安さ!

 

c-koukai (3).JPG

 

リーズナブルな値段と子ども達の元気な呼び込みのおかげですぐに売り切れました。

 

c-koukai (4).JPG

「アイスクリーム屋さんです。いらっしゃいませ~1つ100円です。いかがですか?」

「1つください。おいしそう!」

 

また、ホールでは集会も行い、ゲームを楽しむ様子も見てもらいました。

並ぶのも、少しずつ上手になってきています。

 

c-koukai (5).JPG

 

「前にならえ」の号令でピシっと手を伸ばす子もいますが、友達のことが気になり後ろを向いて列がぐちゃぐちゃになることも・・・。まだまだ、練習の必要があるようです。普段の集会やトイレに行く際などの時間を使い、楽しく練習していきたいと思います。

運動会をお楽しみに・・・♪

 

c-koukai(6).JPG

まずは森のキツツキさんの手遊びをしました。

この手遊びは、歌の後に「サッ」「ハッ」「ホッ」と動作が増えていきます。「ブッチュ」「エーン」などたくさんの動作が増えていきましたが、子ども達はどの子もしっかり覚え、リズムに合わせて踊っていました。

 

c-koukai (7).JPG

続いてのゲームは「お引越しゲーム」。クラスで輪になり、「女の子」や「男の子」といった、その都度出されるお題に従ってお引越しします。さすが年中さん慣れたもの、さっと立ち上がってお引越ししていました。大盛り上がりです。

 

ゲームも終わり、教室に戻ってからは、朝の会です。

 

c-koukai (8).JPG

 

日付の確認や出欠確認はもちろん、座り方やおはようブックにシールを貼っているかの確認など、基本的生活習慣の見直しを行っています。自分達で気づいて取り組む姿が見られました。また、どんな遊びを楽しんだか発表する際には、みんな友達や保護者の前で堂々と自分の言葉で伝えることができ、成長を感じていただけたのではないでしょうか。

 

c-koukai (9).JPG

 

自由遊びでシャボン玉やお店屋さんごっこをしたり、ホールで先生の話をしっかり聞いたりと、子ども達の成長を感じてもらうことができました。

「お母さん達が見ている」という緊張感から、ちょっぴり恥ずかしそうにしている子、逆に嬉しくて「見よって!」といつも以上に張り切る子と様々な姿が見られました。遊びの中で見つけた子ども達の成長をさらに大きい成長に繋げられるように、ひとりひとりとしっかり関わりたいと思っています。

年少さんにとって初めての参観日ということもあり、前日から「明日、お母さんが来るんよ」と楽しみにしていました。先生達は、「お家の人が帰ると泣いてしまうのかな」と心配していましたが、普段の様子を見て頂くことができ良い機会となりました。

 

あいにくの雨でしたが、ホールでは廃材遊びや絵の具遊び、サーキットなどを楽しみました。廃材遊びでは、「うさぎを作る」「列車を作りたい」と目的を持って作り始めていました。

 

s-koukai (1).JPG

s-koukai (2).JPG

「絵の具で絵を描くのって楽しいね。」

 

s-koukai (3).JPG

「そーっと渡ろう♪」

 

s-koukai (4).JPG

「これを繋げると格好よくなるんだよ!」

 

s-koukai (5).JPG

「ぼくが、持っててあげるね!」

 

s-koukai (6).JPG

「うさぎさんできるかな」

 

 年少さんだけで音楽集会を開く予定でしたが、急遽、年長さん達が廃材で楽器を作り、「みんなの前で演奏したい」ということだったので、みんなで集会をすることに。

 歌を歌ったり、ダンスを踊ったりしましたが、エビカニやかえるのダンスはお気に入りです。自然と笑顔になっていました。

 

s-koukai (7).JPG

「静かに話を聞けるようになったよ♪」

「廃材で作った楽器すごいね」

 

s-koukai (8).JPG

「みんなでダンスをすると楽しいね♪」

 

お家の人が来てくれていたので、いつもより元気良く歌っていました。出席確認の時間は、お家の人が来てくれ、嬉しさのあまり手を振っている子も。

集まりの時間は、先生の話を聞く大切な時間。年少の頃から、正しい姿勢で聞く、「目で見て耳で聞く」ということを大切にしています。最近では、「先生、おててをお膝にできたよ」と教えてくれる子が増えてきました。

 

そして、もうすぐ七夕ということで、お願い事を絵に描くことにしました。前日にお願い事を聞いてみると、「恐竜ジャーになりたい」「うさぎさんのぬいぐるみがほしい」「お菓子がたくさん食べたいな」など、しっかり自分の願い事を決めることができました。

 

s-koukai (9).JPG


s-koukai (10).JPG

 

早速、クレヨンで描き始めると、真剣そのもの。しばらく経つと、「できたよ」「上手に描けたよ」と教えてくれました。各クラス、代表の子が願い事を発表し、笹に飾り付けました。まだ、付けていない子は、後日ホールに大きな笹を飾るので、その時に飾り付けます。

 

s-koukai (11).JPG


「願い事かないますように」

 

帰りの会では、『発表の時間』をつくっています。みんなの前で、楽しかったことや、お家での出来事などを話してもらいます。

 また、先生が「○○くんがピカピカの泥団子を作れるようになったんだよ」「○○ちゃんがトイレのスリッパを並べてくれていたよ」など、嬉しかった出来事なども伝え、一人ひとりの子ども達を認めています。

 絵本や紙芝居の読み聞かせの時間は、1日で1番静かな時間。それくらい集中して聞くことができています。『静と動』の時間をとり、メリハリのある園生活が送れるようにしています。

 

s-koukai (12).jpg


そして最後に、保護者の方からこんな感想を頂きました。

 

・家では、野菜を食べないけれど、園では食べていたので驚きました。

・当番活動をしているなんてすごいですね。

・みんな楽しそうでしたね。園での様子が見られて良かったです。

・先生の話をきちんと聞けているんですね。

・入園式では泣いていたのに、みんな返事ができてすごいですね。

 

お家の人が帰ってしまうと、寂しくて泣いてしまう子もいましたが、いつの間にか涙も止まり、友達や先生と遊びを楽しんでいました。たくさん成長を感じていただくことができましたが、「1年後は泣かなくなっているかな」とさらなる成長が楽しみです♪


待ちに待ったカレーパーティー。

今年は株式会社ホクト主催のきのこ体操キャラバンも同時に行い、「きのこカレーパーティー」でした。

 

まずは事前に野菜の収穫から。

 

16-carry (1).JPG


16-carry (2).JPG

年少・年中・3号の子どもたちは園の畑で、年長児はアルムの里で「カレーパーティーで使うじゃがいも掘るぞ!」と気合を入れて収穫体験をしました。

 

年長が収穫した玉ねぎの量が少なくて、残っていた玉ねぎの収穫に行くと聞きつけた年少・年中に「こっちの玉ねぎ大きいよ。収穫したら葉と根を切るからね。」と教師の代わりにやり方を説明してくれました。

 

そして迎えた当日。いざクッキング♪

 

16-carry (4).JPG


16-carry (5).JPG

園庭でのままごと遊びの成果を発揮し、トントンと良い音を鳴らしながら包丁を使う年長児。「手を切らないように猫の手を忘れずに。」と慎重な年中・年少児。

 

16-carry (6).JPG

これやってみたい!僕たちにもできることない?」と年長と一緒にサラダ作りにつばめ組も挑戦しました。

 

16-carry (7).JPG

「あとはよろしくお願いします」

 

そして忘れてはいけないのがきのこ。今回は「きのこカレーパーティー」です。ブナシメジのもぎ取り体験を行い、取ったきのこはもちろんカレーの具として使います。

 

16-carry (8).JPG

 

さぁ、後はカレーが煮詰まるまでの間に、楽しいクイズ大会&ダンスの時間です。

 

16-carry (9).JPG

まずは元気な子になるために、クイズを解いてダメダメだーをやっつけろ!

 

16-carry (10).JPG

最後は「きのこの子のこ元気の子~♪」と歌いながら、きのこ体操を楽しみました。

 

そして・・・

 

16-carry (11).JPG

カレーライスの出来上がり♪

 

16-carry (12).JPG

きのこ好きじゃないけど・・・ぼくが切ったやつかも。」と、普段は苦手な野菜をパクンと食べた子もいたようです。 

 

16-carry (13).JPG

 

野菜を育て、収穫するという大変な思いが、カレーをより一層おいしくさせた隠し味に。

 

16-carry (14).JPG


16-carry (15).JPG

 

今日手伝って頂いた保護者会のお母さんたち、きてくれた地域の方にも「ありがとう。」

今日は絶好の散歩日和。前日に「やぎさんに会いに行くよ」と話していたのをしっかり覚えており、登園した子は「今日はやぎさんのところに行くんだよね?」「早く行きたいね」と楽しみにしていたことが伝わって来ました。

 

s-yagi (1).JPG

「いってきます!」

 

天山保育園に向かう途中、れんげ荘に寄り道です。

「一緒にやぎを見に行きませんか?」 と、おじいちゃんおばあちゃん達を誘い、一緒に行くことに。「何歳なの?」「可愛いね」と声をかけてもらい嬉しそうに「3歳!」と答えていました。

 

s-yagi(3).JPG

「小さいのにちゃんと歩いて偉いね。もう少しで着くからね」と励ましてもらいました。

 

そして無事到着♪

 

s-yagi (4).JPG

「うさぎさんまってー!」

 

うさぎに触りたくて、必死で追いかける子ども達。 

なんと!うさぎは走るのが速く、みんなが追いかけても追いつかず...。「うさぎさんは足が速いね」と驚きました。最初は追いかけていましたが、うさぎが怖がっていることを知り、座って優しく撫でることができました。

 

s-yagi (5).JPG


s-yagi (6).JPG

「優しく触らないとびっくりするよね。」

「うさぎさんの毛、ふわふわしてきもちいね」

 

うさぎと同じ目線になれるように自分から座り、優しく撫でることができました。

 

さらになんと、ヤギの餌やりもすることができました。

 

s-yagi (8).JPG

「わー!やぎさんが餌を食べてくれたよ!」

 

s-yagi (9).JPG

「たくさん食べてね!」

 

s-yagi (10).JPG

「おいしいって言ってるかな?」

 

s-yagi (11).JPG

最後には「あくしゅでこんにちは」のゲームも楽しみました。

 

初めての散歩だったので、先生達は「大丈夫かな?最後まで歩いてくれるかな」と心配していましたが、元気良く歩いてくれ、楽しそうな表情がたくさん見られ安心しました。

 

おじいちゃんおばあちゃんに声をかけてもらい嬉しい気持ちになり、やぎやひつじ、うさぎに触れ合い、餌をあげるなど、貴重な経験ができました。心がホッとする体験をしたことで、みんなにも優しい気持ちがひとつ育ちました。

« 2016年5月 | メインページ | アーカイブ | 2016年7月 »