愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

課外講座より

2016年4月アーカイブ


sanpo-t16 (1).JPG

「たけのこってどうなってるの?」

 

きっかけは1冊の絵本。たけのこの絵本を読むうちに、年長児が掘ってくれたたけのこに興味が沸いてきた様子。「見てみたい!」「どうなってるの?」という声がたくさん聞こえ、実際にみんなで見に行って見ることにしました。

 

sanpo-t16 (2).JPG

「いってきまーす!」

 

sanpo-t16 (3).JPG

向かう散歩の途中では、地域の方にかすみ草とジャガイモ、スナップエンドウをもらいました。

地域の皆様、いつもありがとうございます!

 

他にも・・・

 

sanpo-t16 (4).JPG

「みかん発見!アゲハチョウとモンロチョウもいたよ」

 

sanpo-t16 (5).JPG

「この花"フジ"って言うんだって」

 

色々な発見をしながら歩いていきました。

 

sanpo-t16 (6).JPG

そしていよいよ竹林に到着。

 

sanpo-t16 (7).JPG

 

sanpo-t16 (10).JPG

 

「竹って節があるんだね!節を切ったら、かぐや姫が出てくるのかなぁ??」

「これって竹?たけのこ??」

「わかった!たけのこが竹になってるんだね!!」

 

実際にたけを見たことで気づくことができました。

 

sanpo-t16 (8).JPG

「たけのこの赤ちゃんも見つけたよ♪」

 

sanpo-t16 (9).JPG

最後にたけのこと一緒にみんなで背伸び~!

竹みたいに大きくなれるかな?

 

sanpo-t16 (11).JPG

「ありがとうございました」

 

一緒に散歩に行った小学生のお兄さん・お姉さん。自然と車道を歩いてくれました。年中さんも、小学生さんのようなお兄さん・お姉さんになりたいですね。

 

そして園に帰ると・・・

 

sanpo-t16 (12).JPG

 

なんと給食もたけのこ!

みんな喜んで、あっという間に完食でした♪

 

sanpo-t16 (13).JPG

「これってもしかして竹の節?」

 

たけのこを食べながら気づいた子も。

これからも疑問や不思議を体験しながら調べていきたいですね。

18日の月曜日に予定していたたけのこ堀りですが、天候不良のため中止となりました。残念がっていた子ども達でしたが、おじちゃんが掘ったたけのこを届けてくれたため、皮剝き体験をすることができました。

 

take-noko16 (1).JPG

 

「たけのこって大きくなったら何になるの?」

「たけのこはたくさん、洋服を着ているけど、どんな風に着ているかな?右と左、順番に重なっているんだよ。そしてね、昔の人たちはたけのこの皮を○○に使っていたんだよ。」

 

園長先生から教えてもらった後は、いよいよ皮むき。

限りあるたけのこを友達と協力して皮剝きを行いました。

take-noko16 (2).JPG

 

「先生、どこまで皮を剝いたらいいん?」


take-noko16 (3).JPG

  

「これでオッケー?」

「外はフワフワで中はツルツルや」

「これって売っているたけのこと違うよね」


スーパーのたけのことの違いに気がついたようです。

皮を剥いたたけのこは、明日からの給食で食べることが出来ます。どんな料理がでるのか楽しみです。

 

take-noko16 (4).JPG

 

また、たけのこが届いたことをみんなに伝えようと子ども達が書いてくれました。これからも生活の中で学んでいきたいと思います。

 

そして・・・

 

中止になったたけのこ掘りでしたが、「先生、たけのこ掘り行かんの?」と声に出す子ども達に応えるべく、翌日たけのこ掘りに行ってきました。優しい木漏れ日に心地よさを感じながら春にしかできない体験をしてきました。

「うわでかい!」、「これにしよ!」、友達と協力しながら楽しみました。

 

 

「いってきます」と園を出発する時に、園長先生から1つ宿題がでました。

 

Q.たけのこはどうやってできるのでしょう?

 

宿題の答えも気になりながら、出発です。

 

take-noko16 (11).JPG 

使用するスコップや持って帰る時に使用するビニール袋は自分達の手で持ってきます。

到着すると、早速「たけのこって、どうやってできるんですか?」と自分達から質問する子ども達。ちゃんと園長先生からの宿題覚えていました。

 

take-noko16 (7).JPG

 

「タケノコも他の野菜と一緒で、水と太陽の光を浴びて大きくなるんだね」

 

take-noko16 (8).JPG


take-noko16 (9).JPG 

「掘り終わった後は、来年またタケノコができるように土を被せるんだって!」

 

実際に掘ることで、たくさんのことに気づくことができました。


そして掘ったたけのこを園に持ち帰ると、皮を剥きます。皮剥きはもちろん・・・もうお手の物♪


take-noko16 (10).JPG


昨日の経験が、今日ばっちり活かされていました。「先生、こうやるんよね?」教師が伝える前に、子ども達から声が聞こえてきました。皮を剥いで終わったら、使っていた場所の掃除も行います。楽しいことばかりではなく、準備、片づけの大切さも、みんなで学んでいこうと思います。

ちなみに・・・

 

take-noko16 (5).JPG

たけのこが届いたことをみんなに伝えようと子ども達が書いてくれました。これからも生活の中で学んでいきたいと思います。

« 2016年3月 | メインページ | アーカイブ | 2016年5月 »