愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

2015年7月アーカイブ


楽しみにしていた杖の淵公園への園外保育。

前日は雨が降り「雨やむかな?」と心配していましたが子どもたちの思いが天まで届き太陽が出てきてくれました。

 

engaic-1.JPG

 

園長先生の「カモのあかちゃんがいるんだって」という話を聞き、「えええ~あかちゃん?」目の色がかわり、わくわくしながらバスで出発しました。

 

公園に到着したら、みんなで池の周りを散歩しました。

 

昔、弘法大使が諸国巡礼中、大旱魃でどこの村に行っても水を飲ませてくれなかったそうです。

この高井の里まで来ると、老婆が親切に水を飲ませてくれました。

これを喜んだ大師はこのように水の乏しいところならばと、持っていた杖を地面につきたてたところ

水が湧き出した。これが杖の淵の由来です。

 

その話を聞き「おばあちゃんが優しいけん、水くれたんよね」弘法大使様の像を見ながら、優しい気持ちを分けてもらいました。

 

engaic-2.JPG

 

そして、公園の管理をしている方に、カモのオスとメスの見分け方を教えてもらいました。

 

engaic-3.JPG

 

engaic-4.JPG

 

「男の子は頭がみどり色で、女の子は白い色」

その説明を聞きながら

「みどりでかっこいいね」

「あー、男の子が女の子にグワーって怒られよる」

「おもしろい」と興味津々。

 

すると、管理人の方が「かものあかちゃんが生まれたんよ」

「みんなと同じ、幼稚園くらいのかも、見てみる?」

 

engaic-5.JPG

 

かわいいかもの赤ちゃんが次々と出てきました。

餌を食べている姿を見せてもらい、

「みんなと同じ」

「ご飯食べて大きくなるんやね」

「赤ちゃんのときには、頭は同じ色だけど、おおきくなったら変わるんかな?」

と、成長の様子に興味を持っていました。

おおきくなったかもに会いに行けるといいね。

 

そして、待ちに待った水遊び。

 

engaic-6.JPG

 

engaic-7.jpg

 

水が冷たく「冷蔵庫みたい」と楽しみました。

そして、園長先生からみんなへのプレゼント

 

engaic-8.JPG

 

engaic-9.JPG

 

engaic-10.JPG

 

川で冷やしたおいいしいスイカをみんなでいただきました。

次はいつ行こうかな?


 今日は夏休み特別保育初日です。プロの音楽家清水美千子先生と城戸美雪先生に来ていただき、音楽遊びをしました。初めての夏特ということで「何がはじまるの?」と緊張でいっぱいです。

 

美千子先生の歌からスタート。綺麗な歌声にみんなうっとりでした。まずは、「せんせいとおともだち」の曲に合わせて朝の挨拶。

 

n-ongakus1.JPG 

わらべ歌の「ひらいた ひらいた」では、みんなで手を繋ぎ、輪になってお花に変身。歌に合わせて輪を小さくしたり、大きく広がってお花をひらかせたりしました。

始めは、思いきり前へ進んだり、後ろへ下がったりしてお花の輪が切れてしまいましたが、やっていくうちに自分が動きすぎるとお花が切れてしまうことに気づき、様子をうかがいながら動けるようになってきました。

 みんなで最後までお花の輪が切れずに成功すると、「やったー!すごい」と大喜びでした。この辺りから緊張がほぐれてきて、沢山笑顔が見られました。


n-ongakus2.JPG


「げんこつやまのたぬきさん」をアレンジした歌遊びでは、絵カードを見ながら、警察や泥棒、赤ちゃんなど様々な物に変身し、最後はみんなで「じゃんけんぽん」「勝てたかな・・・」、「負けちゃったー」と、じゃんけんのルールを確認しながら楽しみました。

 

n-ongakus3.JPG

 

 n-ongakus-9.JPG

最後は、アニメ「妖怪ウォッチ」に出てくる、妖怪に変身しました。4分音符に合わせてジバニャンなり歩く、ウィスパーお化けの時はふわふわ歩く。2分音符に合わせてムリカベになり、どしーん、どしーんと歩くなど、ピアノの音に合わせて即時反応に挑戦しました。「どしん!どしん!」と音を立てて歩くなど、ピアノの音に合わせて変身する妖怪が違ってきます。

 先生の掛け声とピアノの音を良く聞き、考えながら妖怪に変身し、全身を使って遊ぶことができました。

 

n-ongakus5.JPG

 

n-ongakus6.JPG


いっぱい遊んだあとは、みんなでお昼寝・・・

ピアノの音が心地よくて、本当に寝てしまいそうでした。


n-ongakus7.JPG

 

そして目を開けると・・・先生がカラフルな布のカーテンを持ってみんなの上を

くぐらせてくれました。みんな「わー。きれいー」とうっとりでした。

 

n-ongakus8.JPG

 

音楽に合わせて全身を動かし、心地よい汗をたくさんかきました。美千子先生、城戸先生からは子どもたち一人ひとりがみんなの動きをよく見ながら自分の動きを考えることができていたと、お褒めの言葉をいただきました。

同窓会~城山登山大成功の巻~

久しぶりに幼稚園バスに乗って登園したり、大好きだったままごとを楽しんだりと里帰りを喜んでいた卒園生。


dousoukai (1).JPG


dousoukai (2).JPG

 

昨年度末に約束した城山登山。

この同窓会で念願が叶いみんなで出発です。


dousoukai (3).JPG

 

ワクワクドキドキしながら城山を目指します。

 

急な坂道があることを知っていた教師たちは、子ども達がどれくらい頑張って登れるのかと少し不安な気持ちもありましたが、そんな心配をよそに、子ども達は意気揚々と前を向いて登っていきます。


dousoukai (4).JPG

dousoukai (5).JPG

dousoukai (6).JPG


降る途中で降りてくる人たちと「おはようございます。」「こんにちは。」と挨拶を交わしながら歩いていきました。


dousoukai (7).JPG


頂上に到着してからは、自分たちが住んでいる松山の町を眺め、冷たいポッキンアイスを食べてちょっと一休み。


dousoukai (8).JPG

dousoukai (9).JPG


その後は、小学校ごとで今頑張っていることや楽しいことの発表をしました。

「国語を頑張っている。」「算数が楽しい。」「プールが楽しい。」など、自分の思いをしっかり表現していました。また、学校のすごいところや自慢したいことは何かという質問に、「体育館が広い。」「空気がきれい。」「助け合っている。」「虫がたくさんいる。」など、頼もしい反応がたくさん返ってきました。

 

クラスみんなで記念撮影。

みんなとびっきりの笑顔でハイチーズ!!(卒園アルバムに貼ってね。)


dousoukai10.JPG

dousoukai13.JPG


昼食は、城山から降りて東雲神社でいただきました。


dousoukai11.JPG

dousoukai12.JPG


もちろんおやつ交換も大盛り上がりでした。

 

 

最後に東雲神社で、これから夏休み中の健康と安全を祈願して手を合わせました。

 

予想以上の暑い1日でしたが、ばてることなく最後まで楽しく過ごしてくれた子ども達の成長を大変嬉しく思いました。また、いつでも遊びにきてください。



ぐっすり睡眠がとれた子ども達は「おはよう。」と元気よく目を覚まし、

朝の涼しい風を感じながら田のあぜ道を散歩です。

 

tomari2-2.JPG

 

ラジオ体操をして頭と体をしっかりと起こすと、1日の元気を蓄えるための朝食タイム。

 

tomari2-3.JPG

 


そして早速「愛媛森林公園」へ出発。

 

tomari2-4.JPG

 

tomari2-5.JPG

 

tomari2-6.JPG

 

管理塔には木で作られた作品が飾られていて

「あの木に、大きなクワガタ虫が止まっている。」

「これはどうやって作られたんだろう。」

などと、自然物で作られた作品に刺激を受けやってみたいという思いが溢れ出ていました。

 

tomari2-7.JPG

 

次に、研修室にて管理人の方の話を伺うことに・・・。

「森はみんなの飲み水を作ってくれるんだよ。」の話にうなづきながら、空気を綺麗にして地球温暖化を防いでくれていることなど、少し難しい話にも耳を傾け、改めて自然の大切さに気づいたようです。

 

tomari2-8.JPG

 

帰り道には川の流れる音、木が揺れる音、虫の鳴き声などに耳を傾けながら「また来たいね。」と話しながら公園をあとにしました。


園に帰るとスタンプラリーの試練が待っていました。

「チームで協力して5つの試練を乗り越えろ!」

 

tomari2-9.JPG

 

tomari2-10.JPG

 

1番困難だったのは文字合わせの試練。

「5つの文字を並べてできる言葉ってなにかな・・・」

とカードを並べ替え、

「難しい・・・。」

と言いながらも諦めず何度も並び変えて、チームワークで乗り切りました。

 

tomari2-11.JPG

 

tomari2-12.JPG

 

「お・か・げ・さ・ま」

とできた瞬間の達成感笑顔・笑顔。

 

そして、ごほうびに園長先生の「あいたた山のてての木」の絵本を読んでもらって・・・

 

tomari2-18.JPG

 

ウキウキ昼食タイムには、好きな具をいれておにぎりを作りました。

 

tomari2-13.JPG

 

tomari2-14.JPG

 

tomari2-15.JPG

 

そして、今回初の試み!本物の竹を2つに割って作った素麺流し!

上流から流れてくる素麺が上手く掴めなくて箸を両手で持ってなんとかしようとしたり、たくさん食べたいと上流に場所を移動したり、やっぱり取れないと流す先生に「素麺入れて。」と頼んだりと、子ども達の面白い姿が見られ、「素麺流し最高!」とムシムシとした暑さを吹き飛ばしてくれました。

 

2日間を振り返り、楽しかったこと、困ったこと、新しい発見などチームで話し合いました。

 

tomari2-16.JPG

 

tomari2-17.JPG

 

みんなの前に立つと、緊張してしまい盛り上がった話し合い通りにいかないチームもありましたが、チームでの話し合いの中では「昨日寝る時に隣で寝てくれたから、寂しくなかったよ。ありがとう。」などと、1日目の開会式での「友達のいいところを探そう。」ということを覚えていて、しっかり感謝の気持ちを伝える姿も見られました。

 

 

雨模様で始まったお泊り保育でしたが、子ども達の願いが届き、ほとんどの活動を予定通り行うことができました。不安な顔で登園する子どもに、心配をする保護者の方々もいらっしゃったと思いますが、「頑張れ!いってらっしゃい。」と送り出し「えらかったね。」と温かく迎えにきて頂きました。

 

たくさんの方々の協力があり、無事に終えることができ感謝しております。ありがとうございました。

 

~お泊り保育1日目~

天気は生憎の曇り空ですが、子どもたちは保護者の方と2日分の大きな荷物を持ち「おはよう。」と登園してきました。

 

開会式では「たくさんの活動を体験する中で友達の良いところを見つけよう。そして、自分の良いところを友達に伝えよう。ついでに先生たちのいいところも見つけてみてね。」という園長先生にお話しをして頂き、

 

「雨がやみますように。」と強く念じてバスに乗り込みました。

 

 otomari (1).jpg


最初は北条の善応寺に行きました。

副住職さんから「命はたくさんのご先祖様から頂いたものだから大切にしよう。」という話を聞き


otomari (2).JPG


天国と地獄の掛け軸の絵を見せて頂きました。

元気よく挨拶をする。物を大切にする。嘘をつかないなど、人として良い行いをすると天国へいけますと教えていただきました。


otomari (3).JPG


また、帰りには石碑に書いてある「おかげさま」という言葉を見て

楽しく生活を送れているのは、たくさんの人の力を借りているからだと気付きました。

 

otomari (4).JPG


otomari (5).JPG


北条の体育館では

真似っ子ゲーム、エビカニックスのダンス、ボールリレーをして身体を動かしました。

 

身体を動かした後はお腹も減ったので

風和里の方々に作って頂いた鯛飯や鯛の刺身、新鮮な野菜をコスタでいただきました。


otomari (6).JPG


「本当においしい。」「この鯛のお刺身はコリコリしてるね。」など何度もおかわりをする姿が見られ、「作ってくれた人のおかげで、こんなにおいしい料理が食べれるんやね。」と「おかげさま」を1つ見つけました。

 

 otomari (7).JPG

 

そして園長先生に「海の水はなぜ辛い?」という紙芝居を読んで頂き、

子どもたちの願いが通じたのか、雨が上がったモンチッチ海岸へいざ出発。




イタヅラ心に火がついた子どもたちは水鉄砲で先生たちを狙い

 

逆にやられる・・・。


otomari (8).JPG


でもめげずにもう1


otomari (9).jpg


海では岩にくっついていた貝を見つけ、

そして、子どもたちの小指の爪程の小さなカニも発見し、

海にいる小さな命を見つけました。

 

高縄山から流れてきた立石川と合流する地点である

この海岸は生き物の豊富な場所でした。

最後にペットボトルに海水を入れてバスに乗り込み

いざ温泉へ!

 

海が見える露天風呂につかりスッキリした気分で園に到着すると

ホールからはとても良いにおいが

 

からあげ、おにぎり、ナポリタン、トマトなどバイキング形式で夕食タイム。

海や寺や体育館へは行かないでご飯を作ってくれた先生たちに感謝の気持ちを込めて

「いただきます。」と、また1つ「おかげさま」を見つけました。


otomari (10).JPG

 

また「初めて食べた!特別なスープだね。」と鯛の潮汁を味わいました。

 

その後「海の水はなぜ辛い?」実験の開始。

フライパンに持って帰った海水を入れ、グツグツと沸騰させると水蒸気となり水が少しずつなくなってきたと同時に現れたのが白い模様。


otomari (11).JPG


otomari (12).JPG


これを削ってなめてみると・・・・

「しょっぱい!塩や。」と海水にはやっぱり塩が入っていることを実験で証明しました。

 

残念ながらできなかった観望会。

その代りにスライド上映会をホールでしました。

スクリーンに出された太陽系

「水、金、地、火、木、土、天、海」と

リズムに乗って覚えます。


otomari (13).JPG


金星と木星、土星、夏の大三角形についての新しい知識が増えました。


otomari (14).JPG


otomari (15).JPG


otomari (16).JPG 


お泊り保育1日目

「こんなに楽しいことでいっぱいだった1日だったから、今日はなんだか良い夢が見れそうだな。」と眠りにつき、全員9時にはスヤスヤと寝息を立てていました。

1学期が終わり夏休みへと入ります。今後、ご家族で出かける機会も増えるのではないでしょうか。

そこで、園では武知悦子さんこと「えっちゃん」を園にお招きし、"交通ルール"、"車の死角"について学びました。

 

まずはえっちゃんによる腹話術で紙芝居。横断報道や信号を渡る時には「右を見て、左を見て、もう一度右を見て、車が来てなかったら渡りましょう」

 

ぐりちゃんとの掛け合いで楽しく学べました。

 

koutu1.JPG

 


「青になった!渡ろう!」

「まだよ。ちゃんと見てからよ」そんなやりとりが聞こえてきます。紙芝居で学んだことがしっかりと活かされています。

 

koutu3.JPG 


年中組は年少組と一緒に歩きました。すっかりお兄さん、お姉さんの年中組。しっかりと手をつなぎリードしてくれました。

 

kout-2.JPG


園で一番大きい黄赤バスを使っての死角体験を行いました。白いロープが張られている下はルームミラー、サイドミラー、どちらにも映りません。「みんなロープの下にかくれんぼしてごらん」で体験がスタートしました。

 

koutu5.JPG

 

「誰も見えないよ。」運転席に乗っている先生が大きな声を出します。座っているこども達はハテナ顔でした。

 

koutu4.JPG

 

こんなに離れている園長先生でも、顔しか見えません。

 

koutu6.JPG

 

たくさん学ぶことのできた交通安全教室。

夏休み中も、「交通ルール」や「車の死角」に気をつけて、安全に楽しく遊びましょう。

まずは、入園説明会に来ていた友達も参加して、みんなで朝の会をしました。元気いっぱいに「おはようのうた」を歌えました。

 

tanabata-1.JPG

 

挨拶も済んだところで縦割りのチームごとに早速笹に飾り付けをします。

一人ひとり短冊を手に、笹につけようと真剣です。年少さんはお兄さんお姉さんの力を借りて一緒に飾りつけをしました。かかわることが増えてきた分、年長さんはぼくらが引っ張っていかなくてはという気持ちが芽生えてきています。

自分たちで飾った笹が立つと大喜びで子どもたちの一体感が生まれ、団結し力が強まったように感じました。

 

tanabata-2.JPG


tanabata.3.JPG


tanabata-4.JPG

 

 笹飾りも完成し、いよいよ七夕集会開始です。まずは各学年代表の子どもたちが願い事を発表しました。「家族が幸せに暮らせますように」「お嫁さんになりたい」と様々な願い事を発表してくれました。願い事がかなうように、野菜が豊作になりますようにと夏野菜のお供え物しました。

そして上手に飾り付けを出来たみんなに先生たちからミュージカル風の劇のプレゼントを見た子どもたちは大盛り上がりでした。



tanabata-6.JPG

 

織姫も彦星も宇宙の星。宇宙ってまだまだ知らないことがたくさん。これからみんなで調べていきたいと、張り切っています。そこで宇宙の強い味方、アトム宇宙探検隊の登場!

みんな憧れの眼差しで、いつか自分も入りたいという友達がどんどん増えています。

 

tanabata-7.JPG

 

集会後、笹飾りをしたチームで給食を食べました。年長児が当番をし、おかずやお茶を配ってくれました。「どうぞ」と声をかけながら配ることができました。

縦割りグループならではの子どもたちの姿が見られ、笑顔いっぱいの楽しい時間を過ごせました。

 

tanabata-8.JPG

 

tanabata-9.JPG

 

最後に年長児を中心に雑巾がけレースをし、ホールをピカピカにしました。その様子を見ていた年少児が「私たちもやってみたい」と参加し一生懸命雑巾がけをすることが出来ました。


tanabata-11.jpg

 




待ちに待ったすいかわり。天気は残念ながら雨でしたが、代わりにホールでダンスやゲームを思い切り楽しんで、すいかを食べました。

 

ホールに集まり、まずは「動物さん体操」を踊りました。前に立っている先生の真似をしながら色々な動物に変身して、みんなノリノリ。楽しくダンスをすることができました。

 

suikas-1.JPG

 

初めて"ストップゲーム"をして遊びました。まずは、こすもす組・ちゅうりっぷ組でレッツチャレンジ!先生の弾くピアノの音に合わせて歩いたり、ピアノの音が止まるとみんなの足もストップしたり。初めてとは思えない程とっても上手にゲームが出来ていました。

今度は、たんぽぽ組・さくら組・わかば組の番です。こすもす組とちゅうりっぷ組が遊んでいた様子を見ていたためか、とってもスムーズに動けていました。「夢を叶えてドラえもん」や「さんぽ」の曲に合わせてゲームをすると、自然に歌っている子もいました。

みんなで一緒にゲームをする楽しさを感じました。

 

suikas-2.JPG

 

suikas-3.JPG

「いつピアノが止まるかな?」

「まだかな、どきどきするね!」

 

遊んで・動いて、暑くなったところで、つめた~い"すいか"タイム!すいかを触ると「冷たくて気持ちいい」「はやく食べたい」と待ちきれな様子。食べる前に、先生がすいかを切ってみることに!切っている姿に思わず「がんばれー」と大きな声援が。すいかを切って中を見てみると、真っ赤に熟していてとても美味しそうでした。「赤くておいしそう」や「種がいっぱいあるよ」と気付いたことをたくさん伝えてくれました。

 

suikas-4.JPG

「すいかの種は食べれるかな?」

「食べられないよ。のけて食べるんだよ」

 

suikas-5.JPG


suikas-6.JPG


「どれにしようかな」

「まだまだ食べられるぞ」

 

いっぱいあったすいかもあとわずか。みんなたくさん食べることができました。


suikas-7.JPG


「いっぱい種が落ちてるよ」

「こっちも拭いてみよう」

おいしく食べた後は、もちろんお片づけ。部屋から雑巾を持ってきて「きれいになーれ」と一生懸命掃除をしました。

今回の公開保育のねらいは...

○話し合いの中で自分の気持ちを調整し、ふさわしい態度で参加する。

○友達と相談し協力して作りあげる楽しさを味わう。

○興味のあるテーマについていろいろな方法で調べ、発表する。

 

 先日愛大ミュージアムを見学したとき「なんでこんな形なんだろう」と星に興味を持ったり、キアゲハの幼虫をいただいた時には「どんな風に成長するんだろう」と疑問を持ったりしました。このように普段の遊びの中でも疑問に思ったり、不思議に感じたりしたことをiPadや図鑑で調べ、絵に描いたり、言葉で伝えたりする姿が見られるようになりました。

そんな体験を通してそれぞれが疑問に思っていることや興味のあることを話し合い、それぞれのグループでテーマを決めることにしました。話し合いが始まると、自分の意見ばかり主張して聞き入れなかったり、自分の意見が言えず黙ってしまったりするなど様々でした。なかなか話がまとまらず、先に進みません。でもその様子を見て「みんなが言ったら、わからんよ。一人ずつ言おうや」とリーダーシップを見せる子もいました。意見のぶつかり合いを体験しながらテーマ、調べる方法、まとめる材料を一つ一つ決めていきました。

 

ko-kait-1 (1).JPG 

いよいよ公開保育の日。朝から「図鑑持ってきた」と張り切って登園する姿が見られました。朝の会を終え活動開始です。

「私が調べてくるね」「じゃあ僕が材料とってくる」と役割分担をします。その中で「文字かけるけんお願いしていい?」「私は絵が好きだから絵を描くね」と、一人ひとりが得意なことを生かしながら役割を決めていきます。一方では自分のしたいことを押し通し続け、話し合いが成立しなかったグループや意見が出ずに話し合いが盛り上がらなかったグループなどもありました。これも、子どもたちにとって必要な体験だと思います。

 

ko-kait2.JPG

「これは何の星座の話かな?」

 

ko-kait-1 (3).JPG

「ここに書いてあるよ」

「僕が絵を描くね!」

 

ko-kait-1 (4).JPG

「僕にも見せて!あ~なるほど」

 

ko-kait-1 (5).JPG

「いろんな魚がいるね。深海魚はどこにのってるんだろう」

 

ko-kait-1 (6).JPG

「人体模型!誰から描く?順番にしない?」

 

ko-kait7.JPG

宇宙には星がたくさんあるんだね!地球は太陽のおかげで出来ているんだね!」

 

完成したチームから発表しました。自信たっぷりでみんなの前に立ちますが、どうやって伝えたらいいのか分からなかったり、恥ずかしさでうまく発表することができませんでしたが、みんなからたくさんの拍手をもらい、嬉しそうでした。

 この活動を通して友達と協力することの難しさや楽しさ、自分の意見を友達に伝えることの大切さについて感じることが出来たと思います。

 また、保護者の皆様にはまだまだ成長課程の途上にある子どもたちの姿を見ていただけたことと思います。私たち教師も学ぶことがたくさんありました。これからも子どもたちがそれぞれの個性を出しながら、自己発揮できるような活動を考えていきたいと思います。

 本日のご参観誠にありがとうございました。

 

ko-kait8.JPG

前日から「お母さんが来たら、一緒にレストランごっこするんよ」「シャボン玉の作り方知らん、って言いよったけん教えてあげる」など、お家の方が来るのを心待ちにしていました。

当日の朝、曇り空を見て「雨ふりそうやね・・・」「外で遊べんかもしれん」と心配そうな様子の子ども達でしたが、雲の隙間から太陽が顔を出し、大好きなシャボン玉作りやままごと、色水作りなど思う存分楽しむことができました。


ko-kaic-1 (2).jpg


「今日はミューズの石鹸があるよ。オレンジの石鹸はよく飛ぶんよ。」


 ko-kaic-1 (1).jpg

 

ko-kaic3.jpg

「色水、おもしろいね~。パンジーの紫の花は色がきれいなんよ。」

来ていた妹にも作り方を教えてあげる子もいました。

 

ままごとコーナーで、ジャガイモのハンバーグを作ってお母さんのいるレストランに「おまたせしました」と、もっていったり、シャボン玉コーナーでどの石鹸がよく飛ぶか話をしたり、大好きな遊びを、大好きなお家の人に見てもらえて、嬉しそうにしていましたね。

 

ko-kaic-1 (4).jpg

「今日は風が強いね~。風がシャボン玉、やねの上まで運んでくれるかな?」

 

さて、ある場所でこんなことがありました。「ねえねえ、シャボン玉にのり入れたら、強くなるって言いよったよ」「そうなん?」「でものりって、折り紙貼るのり?そんなん入れたらいかんのよ」というやり取りをしていた2人。その子達が「せんせい~のりってシャボン玉に入れたらいかんよね」「年長さんがのりいれたらシャボン玉が強くなるって言いよった」と、聞きにきました。「先生も聞いたことあるある。でもどんなのりがいいんやろうね」

すると、「あっ、そうだ園長先生に聞いたらいいんよ」(以前、玉ねぎの茎の切り方や、朝顔の種の植え方を教えてもらった子どもたち。園長先生はなんでも知っていて、聞いたら答えてくれるという認識があるようです)

と話していた時に、その、会話を聞いていた近くにいたお母さんが「スーパーにいったらあるよ」「おせんたくの、のりがいいんじゃない?」と教えてくれました。すると「ねえ、どこのスーパーにあるかipadで調べたらいいんじゃない?」(普段から年長さんが使っていて、あこがれの気持ちを持っているようです)「そうだね調べてみようか?」と話していると年長さんが「セブンスターにあるんじゃない?」と教えてくれました。でも、ipadで調べてみたい様子。また、分からないことがあったら、年長さんにipadの使い方を教えてもらおうね。

 こうして、分からないことを友だちと一緒に悩んだり、聞いたり、試行錯誤しながら解決していこうとしています。そして、友だちと一緒だと、もっともっと楽しいということを感じているようです。

 

現在、年中さんは「楽しいね」という気持ちを共感し合ったり、悲しんでいる友達に気が付いて声をかけてあげたりすることができるようになってきています。しかし、自分の遊びに夢中で友達と意見を交換し合って遊ぶことや、相手の立場に立って気持ちを考えたりすることは、まだまだ難しかったりします。これから、遊びを通して友達と気持ちをぶつけ合いながら、学んでいくことができるように、子ども達の気持ちに寄り添いながら、見守っていきたいと思っています。

 

給食後は、保育室でカレー屋さんを楽しむクラスもありました。一人では成り立たない、お店屋さん。みんなで役割分担して、お家のひとにも「1杯500円です」と宣伝し、呼び込みに成功。机に座ってみんなでおいしいカレーを食べました。

楽しいから「やりたい」、やりたいから「どうしたらできるか考える」、考えたら「みんなが喜んでくれた」の繰り返しで、考える力がむくむく膨らんでいます。

 

ko-kaic6.jpg

 

いろいろな遊びや活動を通して、集中力や話を聞く力、伝える力が育ってきた子ども達。

朝の会、終わりの会では、自分たちが発見した事を伝えたり、楽しかった事を発表したりする時間を設けています。自分の言葉で表現する喜びを味わいながら、相手の思いを聞くことの大切さを感じています。

 

歯みがきなど、椅子に座って話を聞く時間も姿勢良く座ることができています。「虫歯にならないように!」とCDに合わせて歯を磨き口の中はピカピカ!口をゆすぐ際には、「お先にどうぞ!」と譲り合う姿も見られています。

 

ko-kaic7.jpg

年少さんにとって初めての参観日ということもあり、前日から「明日、お母さんが来るんよ」と楽しみにしていました。先生達は、「お家の人が帰ると泣いてしまうのかな」「初めてのプールなのに大丈夫かな」と心配していましたが、普段の様子を見て頂くことができ良い機会となりました。

 

朝の自由遊び

朝の自由遊びは、子ども達の大好きな時間。色水作り・砂遊び・ままごと・シャボン玉作り・泥団子作り・お絵描き。園庭にはたくさんのコーナーがあり、子ども達が夢中になって遊んでいます。

 

ko-kais-1 (1).jpg

絵でお絵かきするの楽しいよ

 

ko-kais-2.jpg

レモンを入れると色が変わるね

 

ko-kais-1 (3).jpg

さら粉かけるとピカピカの泥団子ができたよ!

 

朝の会

お家の人が来てくれていたので、いつもより元気良く歌っていました。出席確認の時間は、お家の人が来てくれ、嬉しさのあまり手を振っている子も。

集まりの時間は、先生の話を聞く大切な時間。年少の頃から、正しい姿勢で聞く、「目で見て耳で聞く」ということを大切にしています。最近では、「先生、おててをお膝にできたよ」と教えてくれる子が増えてきました。

 

ko-kais-1 (4).jpg

「はーい」

元気な返事ができたよ!

 

プール

苦戦すると予想された水着への着替え。つい、「え!?ひとりで着替えれるの?」と声をかけたくらい、どの子も自分で頑張っていました。4月から制服や体操服の着替えを頑張っていたので、着替えがスムーズに出来たのでしょうね。

 

プールに着くと、待ってました!とばかりに笑顔がはじけ、さらに、水の中に入ると、「わー冷たい」「気持ちいい」と嬉しそうです。

プールのおもちゃは、全員分ありません。そんなときは「貸して」と言ってみると、「いいよ」「後で貸してあげる」と返事が返ってきました。"言葉で伝える"ということが出来始めています。

 

ko-kais5.jpg

冷たいけど気持ちいいね♪

 

ko-kais6.jpg

水が顔にかかっても大丈夫!

 

外で遊んで、プールをすると、お腹はぺっこぺこ。今日も「先生、給食まだ?」という声が聞こえていました。給食の配膳は、当番さんのお仕事。こぼすことなく慎重に運んでくれていました。最後まで、みんなのために頑張ってくれました。以前と比べると、残さず食べることができるようになりました

 

帰りの会

帰りの会では、『発表の時間』をつくっています。みんなの前で、楽しかったことや、お家での出来事などを話してもらいます。

また、先生が「○○くんがピカピカの泥団子を作れるようになったんだよ」「○○ちゃんがトイレのスリッパを並べてくれていたよ」など、嬉しかった出来事なども伝え、一人ひとりの子ども達を認めています。

絵本や紙芝居の読み聞かせの時間は、1日で1番静かな時間。それくらい集中して聞くことができています。『静と動』の時間をとり、メリハリのある園生活が送れるようにしています。


ko-kais-1 (7).jpg


お家の人が帰ってしまうと、寂しくて泣いてしまう子も。でも、友達や先生がいるから大丈夫! いつの間にか涙も止まり、遊びがスタート。「1年後は泣かなくなっているかな」と成長が楽しみです♪

 

保護者の方からこんな感想を頂きました。

・家では、野菜を食べないけれど、園では食べていたので驚きました。

・当番活動をしているなんてすごいですね。当番さんがちゃんと配っているんですね。

・みんな楽しそうでしたね。園での様子が見られて良かったです。

 




« 2015年6月 | メインページ | アーカイブ | 2015年8月 »

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ