愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

2015年6月アーカイブ

①収穫

昨年の卒園生が植えてくれた畑のジャガイモと玉ねぎ。「だんだん大きくなってきた。カレーパーティーで使うから大きくなってね。」と雑草抜きを頑張ってきました。じゃがいもの花が咲いて2週間、玉ねぎは頭が3分の1でたら収穫時!「園の畑は小さい友達に。」と年長はアルムの里や地域のおばあちゃんの畑へ出かけ、園の畑は年少・年中・わかば組が収穫を行いました。残念なことに今年は冷害の被害を受けてしまい玉ねぎの成長がよくありません。自然のきびしさを味わい「思い通りにはいかないね。」と言いながらも収穫の喜びを味わいました。

 

carryp4.JPG


carryp15.JPG

「おいも何個付いてる?」

 

carryp8.JPG

 

「カレーの材料ゲットだぜ!」

 

②準備

前日「明日はカレーパーティーだ」と年中・年長組は玉ねぎをむき、雨の合間をぬってテラスでじゃがいもを洗いました。

 

carryp17.JPG


carryp5.JPG


「洗ってたら皮まで向けた」

carryp18.JPG

野菜を切るホールでは・・・ちよ先生、男の先生3人組(ゆうや先生、ゆうき先生、ゆうすけ先生)そして、その日きていた商業高校のお兄さんと先生も巻き込んで横一列になると「よーい。どん!」誰が速いか雑巾がけレースを行いました。

 carryp16.JPG

③料理

待ちに待ったカレーパーティーの日がやってきました。朝から「今日はカレー作る日よね」「たくさん野菜切ろう」と意気込み登園します。朝の支度を済ませ、スモックを来ていざ開始です。日頃からままごと遊びやお母さんの手伝いをしている年長児は「手伝いいらんよ。1人で切れるから大丈夫!」と慣れた手つき。初めて包丁を持つという子どもも左手は猫の手と手を切らないように気をつけていました。

 

carryp7.JPG


carryp11.JPG


carryp19.JPG


carryp20.JPG

 

年長は400人分のマカロニサラダ作りにも挑戦!最初は「えー大変!そんなにできるかな。」と心配していましたが、全員でするとあっという間「もうないの?もっとしたい。力を合わせたら全然大変やなかったね。」と言葉を交わしていました。

 

carryp1.JPG


「おいしくなーれ。とっっってもおいしくなーれ!」

 

「切るだけじゃなくて他にできることないかな」と切れた野菜を厨房や台所に運び、料理後には年長の雑巾がけレースを見ている年少が頑張っていました

 

carryp3.JPG


carryp2.JPG

④いただきます!!

包丁の補助や下準備を手伝ってくれたお母さんと一緒に作ったカレーを食べました。「これ僕が切ったにんじんかな。」「ほーんとうにおいしい。」と自分が作ったぞっという思いが、カレーを一層おいしくするスパイスとなっていたようです。また、楽しく作るために台所や厨房で頑張ってくれた保護者会役員さんや調理員さんに感謝しながらおいしく食べました。

 

carryp10.JPG


carryp14.JPG

 

昨年度から結成されている宇宙探険隊が今年も結成され、宇宙について興味を持ち始めた子どもたちにぴったりの企画「宇宙 3Dシアター」や、化石や昆虫など魅力ある展示物を見学しに愛大ミュージアムへ出かけることにしました。当日の天気は雨。しかし、興味ある宇宙、昆虫など様々な展示がされているミュージアムへ行くということに加え、初めて傘を持って雨の中でかけるという特別感にワクワクした気持ちを隠しきれません。いろいろな展示物を見て「すごいね。」「きれいだな。」と感じるだけではなく、「これってどうしてなんだろう?」という疑問を見つけようという課題を子ども達に課しました。

3Dシアターでは飛び出してくる星に「手で触れそう。」と思わず手を伸ばしていました。銀河の向こう側はまぶしすぎて見ることができないので、地球から見える星は蝶の形をしていること、土星の輪っかは氷のツブツブでできていることなどを教えてもらいました。

 

aidai3.JPG


「なんで地球の周り方は傾いてるの?」

 

aidai5.JPG


「太陽の中の黒い点はなんだ?」

 

自分で操作しながら自分の星座はどんな形をしているかを調べたり、松山で見える夜の空を見たりしました。 見学をする中で「すごいな」という新しい発見をしたからこそ、新しい疑問ができたようです。

 

化石コーナーでは

 

aidai6.JPG


「アンモナイトの化石ツルツルしてる」「恐竜がいたときには生きてたんだね」と、実際に触りながら話し合っていました。

 

また、昆虫コーナーでは、図鑑でも見たことのないような虫がたくさん飾られていました。「アサギマダラだ!今年は園の藤袴の花の蜜を食べにきてくれるかな?」「玄関のサナギはこんな蝶になるんだね!」とたくさんの蝶の中から字を読んで知らせてくれる子もいました。

 

aidai1.JPG


aidai2.JPG


aidai4.JPG


aidai9.JPG 


展示品を見ながら「なんでこのキラキラの青い蝶は光っているのか?」と話し合いが行われていました。「敵から身を守るため?」「きれいなだけで守れるの?」「光ってたら夜暗い中でも自分はここにいるよって教えるためじゃないかな?」という結論に至りました。本当にそれが当たっているのかまた園に帰って調べてみましょうね。

 

aidai7.JPG

 

新しくできた疑問に対して、友達と話し合って自分たちなりに答えを考え、本当にそれであっているのか図鑑やipadで調べてみようと盛り上がりながら帰りました。

 

aidai11.JPG


« 2015年5月 | メインページ | アーカイブ | 2015年7月 »

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ