愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

課外講座より

2013年10月アーカイブ

2学期から茶道(お茶会)が始まりました。

作法・礼儀を学び、お茶の基本を習得していくことが目的です。

 

園長先生以外は皆初体験で、

子ども達はもちろん教師一同ワクワクドキドキの時間になっています。

 

sadou1.jpg

 

第1回目は、年長、年中合同で開かれ本物のお茶を立てて頂きました。

そして、お茶の味はどんなものかじっくり味わうことができました。

 

sadou2.jpg

 

sadou2-1.jpg

 

苦いと感じた子、おいしいと思った子

いろいろな表情が見られ楽しいひと時を過ごしました。

 

2回目からは学年ごとに分かれ、あいさつの仕方、お茶碗を持っての歩き方を習い

茶器や用具の名前も覚えています。

 

sadou3.JPG

 

 

正座をして姿勢を正し、女の子は手を揃えて男の子は軽く手を握って凛々しく

そして、お辞儀をする際は畳の上に三角形を作り、おでこを近づけて丁寧にあいさつをします。

 

sadou4.jpg

 

sadou4-1.JPG

 

sadou4-2.jpg

 

歩くときは、お茶碗にお茶が入っていると見たて、

畳みの縁を踏まないように右足から、そろりそろりと歩きます。

 

sadou5.JPG

 

 

今後、おもてなしの気持ちを持って相手にお茶を立てたり、いただいたりという過程を焦らずゆっくりと習っていきたいと思います。

先日、康復センターに行き、おじいちゃん・おばあちゃん達と遊んできました。

 

子ども達に、「おじいちゃんやおばあちゃんのところに遊びに行くんだけど、何して遊びたい?」と。

「椅子取りゲーム」「フルーツバスケット」という答え。

(しかし、お年寄りの中には車椅子に乗られている方もおられます。)

「動かなくても楽しめるゲームはないかな?」

すぐに、「ボール回しゲーム」と。

以前にクラスのみんなで楽しんだゲーム。

 

ゲームの内容が決まったところで、「運動会のダンスはどう?」と提案すると、

「いいよ!」とヤル気満々。

運動会終了後は、達成感・満足感でいっぱいでしたので自信がついています。

 

何度か練習をし、いよいよ交流の日。

 

おじいちゃん・おばあちゃんの前に並ぶと、緊張のためか、子ども達の表情が固まっていました。

「みんな大丈夫かな...」と心配しましたが、ダンスが始まると、笑顔が見られ始めホッと一安心しました。

おじいちゃん・おばあちゃんにも「上手だったよ」と褒めてもらい嬉しそうな子ども達。

 

kanhu10.jpg

 

今度は、『あくしゅでこんにちは』の歌に合わせて、おじいちゃん達と握手をしました。

ちょっぴり照れながら握手をしている子、おばあちゃんに頭を撫でられて嬉しそうな子など、みんな仲良くなれました。

 

kanhu1.jpg

 

kanhu2.jpg

 

kanhu3.JPG

 

楽しみにしていたボール回しゲームでは、おばあちゃんが落としてしまったボールを拾ってあげる姿も。

 

kanhu4.JPG 

 

kanhu5.jpg

 

このゲームは、音楽に合わせてボールを回しますが、笛が鳴ったときにボールを持っている人に質問をします。

子ども達は大勢の方の前でも、堂々と大きな声で名前を言ったり、好きなものを発表します。

 

kanhu6.JPG

 

楽しかった時間はあっという間に過ぎ、お別れの時間が。

 

遊んでもらったお礼に用意していたのは肩たたき。

みんなで歌いながら肩たたきのプレゼントをし、握手をして帰りました。

 

kanhu7.JPG

 

kanhu8.jpg

 

kanhu9.JPG

 

今回、お年寄りとの交流を通じて、いたわりの気持ちを持つことができたのではないかと思います。子ども達にとって、貴重な体験となりました。

  旧暦の8月15日、今日9月19日は、中秋の名月です。月が一番美しく見られるとされる中秋の名月は必ずしも満月とは限りませんが、今年はとってもきれいな満月が見られました。そんな中秋の名月を記念に、園では月へのお供え物として秋の七草の一つススキを飾り団子を作って供えました。団子を作ってくださったのは役員(保護者)の方々です。

 

 

otsukimi1.JPG

 

 ホールに集まると、中秋の名月について園長先生の話を聞く子どもたち。目と耳でしっかり話を聞いている子どもの顔は、真剣そのもの。

 

otsukimi2.JPG

 

そんな四季の変化に触れた子どもたちの前に現れたのは・・・

 

otsukimi3.JPG

 

お団子を持ったお母さんたちです!エプロンを身に付けたお母さんたちの手にあるお団子は、甘いきな粉がまぶしてあって、とっても美味しそう。お母さんたちからお団子をもらい、「ありがとう」と嬉しそうな子どもたち。待ちきれない様子で「いただきます」と食べ始めました。

 

 

otukimi1.jpg

 次回、中秋の名月で満月が見られるのは8年後だそうです。翌日「お月様見た」「きれいだった」「まんまるだったよ」と教えてくれた子どもたち。来年は残念ながら満月ではありませんが、どんなきれいなお月様が見られるのか、楽しみですね。

10月10日、康復センターへ交流に出発。

まずは、「とんぼのめがね」「どんぐりころころ」の歌を聞いてもらい、

おじいちゃんやおばあちゃんの中には、一緒に口ずさんだり、手拍子をしてくれたり・・・

楽しい雰囲気の中で交流がスタート!

 

kahu1.jpg 

子ども達が大好きな「動物さん体操」では、身体を大きく動かして体操をします。うさぎやへび、ぞうなど、まねっこしながら元気いっぱいの体操をひろう。

 

 

P1070759.JPG

 

ふれあい遊びでは、まずは子ども達で挑戦。

ぴったんこ ぴったんこ ~♪と歌に乗せて、身体の様々な部分をぴったんこ。 

友だちとタイミングを合わせて、足と足のぴったんこ!

 

P1070763.JPG

 

今度は、おじいちゃんやおばあちゃんと「ぴったんこ」に挑戦。

手と手をくっつけるだけでも、みんなの顔に自然と笑顔が。

 

P1070766.JPG

 

 

中には、おばあちゃんのほっぺにぴったんこしようと一生懸命の子もいましたよ。

おばあちゃんと無事にぴったんこでき、またまた笑顔に!

 

P1070768.JPG

 

 

「かたたたき」では、歌に合わせて トントンかたたたき♪

 

P1070771.JPG

 

最後に、おじいちゃんとおばあちゃん一人ひとりと「元気でいてね」と握手。交流をさせてもらったお礼とみんなのパワーを握手に込めて・・・

 

P1070781.JPG

 

交流を終えた子ども達からも、「楽しかった」「緊張した」と笑顔が溢れていましたよ。

「今日は蒸しパン作ります。」

と声をかけると、子ども達の頭の中では

「虫パン」と変換されたようで、

曇った表情になってしまいました。

 

「蒸しパンというのは、蒸籠という鍋をつかって、

水を沸かしてでてきた水蒸気で熱したパンだよ。」

と絵に描きながら子ども達に伝えると、

「焼く」と「蒸す」という違いを知ると

「蒸しパンはおいしいんや。」と

期待する笑顔の表情を取り戻しました。

 

ホットケーキミックスに卵を入れて

まぜまぜまぜ~

 

7.JPG

 

「小麦粉がとびちらないように気をつけて。」

と自分たちで注意しあう声が聞こえました。

 

次は牛乳の計量に挑戦しました。

調度線のところまでつげるように

「もうすこし、もうすこし....あっもうちょっと、ゆっくりね。」

グループみんなの視線は計量カップに釘付けで牛乳を注ぐ友達に声をかけていました。

 

 

1.JPG

 

そして、3種類の蒸しパンを楽しむために

Aグループのボールには黒糖

 

10.JPG

 

Bグループのボールにはにんじん

 

2.JPG

 

Cグル-プのボールにはかぼちゃ

 

musipan3.jpg

 

を入れました。

 

混ぜ合わせた生地を見ると

入れたものによって色が変わっていて

「早く食べてみたい。どんな味がするのかな?」

とウキウキする子ども達。

 

牛乳パックで作った型に流しこみ

蒸篭に入れるために台所に行きました。

 

4.JPG

 

「マンションみたやね。」

と初めて見る蒸篭に興味深々でした。

 

5.JPG

 

 

6.JPG

 

「モクモクとでている煙が熱くて蒸しパンができるんよね。」

と、さすが年長さん!最初の説明をしっかり理解していたようです。

 

 

蒸篭から取り出すとフックラと膨らんだ

蒸しパンができていました。

 

グループごとに活動を分担したからできた3種類の蒸しパン。

わけっこする時に、それぞれのグループに

「ありがとう。」と感謝の気持ちを込めて言葉で伝えました。

 

みんなで協力して作り上げたという達成感が加わり、

一段とおいしい蒸しパン作りができました。

 

  musipan8.jpg

 

09.jpg

 

夏特で仲良くなった友達と力を合わせて

クッキー作りに挑戦しました。

 

 

まずはバターを湯銭で溶かしていくと、

「バターの匂いが強くなってきた。」

と思わず鼻をつまんでしまった子も

 

1.JPG 

 

砂糖を混ぜ合わせると色が変化したことに気付きました。

 

kukki (1).JPG 

 

 

卵は卵黄だけを使用します。

 

03.JPG 

 

 

そして最後に、小麦粉はふるいにかけながら加えました。

 

04.JPG 

 

 

秤の目盛は5gずつ増えているので、

60g入れるってことは・・・

「目盛が12個のところや!」と

すこし算数をした気分を味わいつつ

クッキー作りがすすんでいきます。

 

kukki (4).JPG

 

 

 

 ハートの型、星の型、ミッキーの型と、どんどん型を抜くだけでなく

「先生魚の形を作りました。」というアレンジをすることも

「チョコ味とバニラ味を混ぜてみました。」

と工夫をする姿も見られました。

 

6.JPG

 

07.JPG 

 

 

 

グループで協力して作り上げたクッキーは

一段とおいしかったようです。

 

職員室にいる先生たちへ

作ったクッキーをプレゼントし、

おいしさのおすそわけをしてくれました。

 

8.JPG 

 

秤を使うこと

バターを湯銭で溶かすこと

卵黄だけを使用することなど

 

初めてすることがたくさんあったようですが、

準備から片付けまで友達と協力して

クッキー作りを楽しむことができました。

 

園バスに乗って、杖ノ淵公園に出かけました。

到着後、綺麗な水の池の周りを散歩しました。

池には、大きな鯉が泳いでおり、池の周りにいるカモ達が

水を綺麗にしてくれていることを知りました。

 

image01.jpg 

 

散歩中の子ども達から、

「早く入りたい!」と冷たそうな水が待ちきれない様子でした。

 

水着になって、

「1・2・3・4・・・」と準備体操をした後、

 

engai2.JPG 

 

いよいよ川の中へ♪

 

川の縁に座って、そっと足から入っていきました。

「キャー、冷たい!」「気持ちいいね」

と、川の水ならではの冷たさや気持ち良さを感じていました。

日差しも強く暑さを感じる中でしたが、水の心地よさで汗も引いていくほどでした。

 

engai3.JPG  

 

川の中では、ジョウロやペットボトルシャワーを使って

水をすくったり、掛け合ったり・・・

 

engai4.JPG 

 

水の冷たさに慣れてくると、横になっったり、お尻をつけて座ったり、

全身で水の気持ち良さを楽しむ姿も見られました。

 

engai5.JPG

 

岩の隅では、何やら動くものを発見!!

「カニがおったよ!」

という一声で、みんなが集まっていきました。

小さいのや大きいの、数匹のサワガニを見つけることができました。

 

engai6.JPG 

 

途中には、熱中症予防にアクエリアスで喉を潤し休憩タイム!!

 

普段のプール遊びとは違った、天然の水の気持ち良さを感じながら、楽しむことができました。

 

クッキングの前日、帰りの会で何を作るか?「緑色」「甘いもの」2つのヒントをもらった子ども達。

それを聞いて「ピーマン」「ケーキ」「クッキー」と元気良く答えてくれました。

中には、「抹茶!」と渋い意見も(笑)

 

いよいよクッキング当日。

緑色の正体は、なんと「ほうれん草」!

「え~!」「食べれん!」とのリアクション。

 

ほうれん草をみんながおいしく食べることができるように、スポンジケーキを作ることを伝えると、ホッとした表情でした。

 

このクッキングのねらいは、「自分達でできることは自分達でする」「友達と協力する」です。

 

そこで、次のような係りを決めました。

1、      台所から準備物を運ぶ。

2、      ほうれん草を洗う、切る。

3、      砂糖などの材料をボウルに入れて混ぜる。

4、      3を型に流し込む。

5、      4を台所に運ぶ。

 

 

各グループで話し合いが始まりました。

しかし、「先生、私ほうれん草を切りたい」「僕は、混ぜる役がいい」など、

グループで話し合うというよりは、先生に自分のしたいことを伝える子がいました。

そこで、「グループのみんなにも何がしたいか聞いてみてね」と声をかけると、

「○○くんは、何がいい?」など、ちゃんと友達の意見を聞くことが出来ました。

人気の係りは、じゃんけんで決めたり、「じゃあ、私はこっちの係りをしてあげる」と友達に譲る姿も見られました。

 

無事に係りが決まったところでクッキング開始!

台所からボウルやまな板など運んでいると、

「先生、持ってあげるね」と声をかけてくれた力持ちさんもいました。

 

 

包丁を使い、ほうれん草を切るときには、自然と猫の手になっています。

普段から、遊び(ままごと)の中で包丁を使っているから身に付いているんでしょうね。

上手に切ることができていました。

 

hourennsou1.JPG

 

 

hourennsou2.JPG 

 

hourennsou3.JPG

 

 

ミキサーでペースト状にしたほうれん草を見た子ども達は、

「ドロドロ」「ほうれん草の匂い」と不安顔・・・。

しかし、材料を混ぜたり、型に流し込んだりするのは面白かったようで

 

hourennsou4.JPG

 

hourennsou5.JPG

 

 

 

hourennsou6.JPG

 

hourennsou7.JPG

 

型に流し込み終えると、みんなで台所に持って行き、オーブンで焼くところを見ました。

たちまちおいしそうな匂いが...

やっと、「早く食べたい!」の声が聞こえてきました。

 

hourennsou8.JPG 

 

待ちに待ったこの瞬間!

「いただきまーす!」の挨拶と同時に、大きな口が開き、

「わ~甘い」「ちょっぴりほうれん草の味がするけどおいしい」と満足そう。

 

hourensou9.jpg

 

hourennsou10.JPG

 

なにより驚いたのが、普段野菜が苦手なAくんが、「おいしいおいしい」と食べてくれたこと。

調理法を工夫することで、食べることができ、自信に繋がってくれればいいなと思います。

 

今後も、子ども達で話し合う機会をつくり、協力して物事をやり遂げる経験を重ねていきたいと思います。

« 2013年9月 | メインページ | アーカイブ | 2013年11月 »