愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

2013年5月アーカイブ

4月から子ども達に大人気の色水遊び。

松山幼稚園の子ども達は、

"すり鉢・すりこぎ・じょうご"を使って

花や野菜の色水遊びを楽しんでいます。

 

iromizu1.jpg 

 

年少の子ども達はというと、

すり鉢に花・水を入れて、すりこぎでグルグル・・・

すり鉢の中で水の中に浮いている花だけが回り、

何度混ぜても色が出ません。

 

「先生、できん。」と話す年少の子ども達に、

隣で遊んでいる年長の子ども達は

「最初は水入れんのよ」と

優しく作り方を教えます。

 

アドバイスを聞いた年少の子ども達は、

さっそく水をのけて

花だけをすり鉢ですり始めました。

 

 

iromizu2.jpg 

 

iromizu3.jpg

 

出来た色水は、

じょうごを使ってペットボトルへ。

連日色水遊びを楽しんでいる子どもは、

回数を重ね手つきもよくなってきました。

 

 

iromizu4.JPG 

 

色水を作ることに楽しさを感じている年少の子ども達ですが、

年中・年長の子ども達は、

みかんの皮を入れたり、同じ色の花びらだけを集めて作ったりなど

香りがいいものや色の濃いもの、

きれいな色の色水を作ることにこだわって遊んでいます。

 

ある日、年長の女の子達がいつもと同じように

花びらを使って色水作りを楽しんでいます。

そんなとき、ふとままごとコーナーにあったレモンを混ぜてみることに。

すると、なんてことでしょう!!

レモンを入れた瞬間に色水の色に変化が!

レモンの絞り汁によってキレイな色に変身した色水。

女の子達は嬉しそうに自宅へ持って帰りました。

 

またある日。

今度は年長の男の子が色水作りに挑戦しています。

出来上がった色水は、満足のいくキレイな色水で

「お母さんに見せる。」と、嬉しそうに話していました。

しかし、降園の時間・・・

あんなにキレイだった色水の色が

茶色くにごった色に変わっていたのです。

これには、男の子もがっかり。

そんな時、同じクラスの女の子達から

「レモンには不思議なパワーがあるよ。

私が作った色水はレモン入れたら色が変わったけん、

○○くんも入れてみたら?」

 

早速次の日、男の子は再び色水作りに挑戦。

同じ花で作った色水を2つ用意し、

一つはそのまま、一つにはレモンを入れました。

そして、降園の時間・・・。

レモンを入れた色水は、変化なくキレイなまま残っています!

これには、この実験を知っていたクラスの子全員が大興奮です!

 

そこで、"不思議だな"と思ったのがレモンの力。

どうして、レモンを入れたら色水の色がキレイになるのか?

レモンにはどういうパワーがあるのか?

子ども達は今、レモンの性質に興味を持って調べています。

 

ひとつの遊びから

日々子ども達はいろいろなことを発見しています。

物事の不思議や、友達と意見を出し合うこと

一人では難しいこともみんなで協力すればできることなど

いろいろなことを感じ、遊びを通して

生きる力が培われていきます。

 

iromizu5.jpg

もうすぐ梅雨。

毎年、この季節はシャボン玉遊びが盛り上がっており、

子ども達も夢中になって遊んでいます。

 

松山幼稚園のシャボン玉遊びは、自分で液を作ることから始まります。

syabonndama1.JPG 

 

石鹸を削って、水を入れてスプーンで混ぜ混ぜ・・・。

この水と石鹸の比率が上手くいくと、良く飛ぶシャボン玉になります。

 

しかし、水が少なくてクリーム状になったり、

水が多くてすぐに割れてしまったりと毎日、悪戦苦闘の子ども達。

 

諦めずに何度も挑戦することで、段々コツが分かってきたようです。

ある女の子は、良く飛ぶ男の子のシャボン液と自分の液を見比べて

「水を少し多くしたらいいんや」と気づきました。

 

ある男の子は、

「強く吹いたら小さいシャボン玉ができて、ゆっくり吹くと大きなシャボン玉ができるよ」

と、自分の息の強さを調節していました。

 

試行錯誤しながら何度も作ったシャボン液。

そのシャボン液でそーっと吹くと大きな大きなシャボン玉ができました。

 

syabonndama2.JPG

 

風に乗って屋根よりも高く飛んだシャボン玉を子ども達は嬉しそうに見ていました。

 

syabonndama3.JPG 

 

子ども達の試行錯誤はこれだけではありません!

「ストローを斜めに切ってみよう」と、ストローの形を変えたり、

「水を温めよう」と、ペットボトルに水を入れ、太陽の光で温めたりと、

どうやったら、良く飛ぶようになるかを日々研究しています。

 

あるお部屋では、水と石鹸以外に何を入れたら良く飛ぶかの実験をしています。

"でんぷん糊"と"はちみつ"は大成功。

 

syabonndama5.JPG

 

 

 

syabonndama6.JPG

 

さて、次はどんなことに子ども達は気づくのでしょうか?

教師もワクワクしながら、子ども達とシャボン玉遊びを楽しんでいます。

 

 

« 2013年2月 | メインページ | アーカイブ | 2013年6月 »

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ