愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

2013年2月アーカイブ

年長組後半はれんげ組とあじさい組の

「まほうのにんぎょうげき」です。

待機している時は少し緊張気味の子ども達でしたが、

舞台に上がる合図があると、キリっと顔を上げ、

凛と胸を張って歩き始め、

その凛々しい姿にやる気を感じました。

 

 

P1030234.JPGのサムネール画像 

このお話は新しい物語で、

知っている方はほとんどいないと思います。

昔話でもなく、童話でもないこのお話を子ども達が気に入り、

劇遊びをすることから始まりました。

劇遊びをする時にみんなで決めた約束は、

まず自分のやりたい役を決めること、

役になりきるためにその役の特徴や

思いを台詞の中に入れてアピールすること、

登場する時の歌と踊りを自分達のチームで考えること。

この約束をどのチームも楽しく進め、

オリジナルの歌と踊りが完成した時の喜びは大変なものでした。

 

 

 

P1030236.JPG練習では自分達の歌だけでなく、

友達のパートをうたって盛り上げるようになり、

少しずつ意識も高まってみんなが1つになり始めました。

しかし、ストーリーの流れが単調になり、

面白みに欠けていたので、オーバーリアクションで、

役になりきることを課題としました。

せっかく大きな声で発表できても、

動きがなければ見ている人に伝わらないことにも気付きました。

 

 

 

20130202 ファンファンデイ(年長) (213).JPG 

まほうのにんぎょうげきでは、

練習の度にステップアップしてきました。

そして本番、子ども達はどれだけの人に

話しの内容をわかっていただけるのか、

また歌や踊りを楽しいと感じ

一緒になって体を揺ってくださるのか、

いろいろなことを思いながら精一杯発表しました。

 

 

 

20130202 ファンファンデイ(年長) (228).JPG 

小さな声しか出せなかったAちゃんが、

ファンファンデーの数日前に友達から

「げきがんばろうね。おおきなこえですよ。

おおきなこえでいってね。おうえんしているよ。」

という手紙をもらいました。

この手紙を読んだAちゃんは

本番で見事な発表をしてくれました。

友達へのおもいやりの気持ちと

その気持ちに応えようとする気持ちが

それぞれに育っていることがとても嬉しい出来事でした。

 

 

20130202 ファンファンデイ(年長) (464).JPG 

自分達で作り上げた「まほうのにんぎょうげき」は、

きっと心に残るすてきなお話になったことでしょう。

この劇で伝えたかったことは

普段の生活の中ですでに育まれていたことに、

心から感謝したいと思います。

 

20130202 ファンファンデイ(年長) (444).JPG

« 2013年1月 | メインページ | アーカイブ | 2013年5月 »

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ