愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

2012年8月アーカイブ

年中の子供たちが、クッキングをしました。

この日をまちに待っていた様子の子供たち・・・・

 

 

エプロンもつけて、手もピカピカに洗って準備ばっちり!

まずは先生のお話をしっかり聞かないとね。

 

 

P1030269.JPG 

「今日は、みんなでクッキーを作りたいと思います。」

と先生が言うと・・・

「やったー!はよ作りたいー!」と子供たちは大喜びです。

「でも普通のクッキーじゃなくて、

今日はあるものを入れて作ってみようと思うんやけど、

何を入れるでしょうー???」

 

なになにー!?

とても気になる子供たち・・・

 

「ヒントはお野菜!」と先生が言うと、

「ピーマン!トマト!にんじん!ほうれん草!」

と思いつくままに子供たちは野菜の名前を言います。

 

「正解は~・・・・にんじんです!」

先生が発表すると、やったー!という子供もいれば、

少し心配そうな子供の様子も見られます。

 

「この中でにんじん苦手な人―?」と問いかけると、

何人かの子供たちが手を挙げます。

「にんじんが嫌いな子も、

クッキーにしたら食べれるかもしれんね!

みんなでおいしく作ってみたいと思います。」

 

 

さあ!クッキングの始まりです!

 

 

まずは、にんじんをおろし金ですりおろします。

 

「しゃぼん玉のときに使ったやつや!」と

しゃぼん玉をするときに、

石鹸をおろし金ですりおろしたことを思い出す子供たち。

 

 

P1030273.JPG 

でも、石鹸より固くて難しそう・・・・。

がんばれ、もう少し!!

 

 

 

P1030290.JPG

やっと全部すりおろせました。

にんじんのペーストのできあがりです。

 

 

 

 

さあ、次はクッキーの生地を作っていくよ。

バターと砂糖を入れて、よーく混ぜます。

 

 

P1030338.JPG

「白くなってきた!」と嬉しそうな子供たち。

 

 

それじゃあ、粉もにんじんもいれちゃおう!

 

P1030302.JPG 

ボールがずれないようにするには、

湿った布の上に置くと良いと遊びで学んでいる子供たち。

 

 

 

 

さあ、生地の完成です!

いよいよ、丸い形を作っていきます。

手にくっつかないように、魔法の水をつけ、

丸く形をつくり、並べていきます。

 

P1030311.JPG

「わーっ!おっきいのができた!」と目をまるくする子、

「ちいさすぎたー!」と言ってやり直す子・・・

 

いろいろな大きさや形があって、とっても面白い!

 

P1030320.JPG 

 

 おぼんいっぱいに並べたら完成です!

後はオーブンで焼き上げるだけ・・・・・

「早く食べたーい!」

とみんな焼き上がり待ち遠しい様子です。

 

 

 

 

給食の時間・・・

クッキーが焼きあがり、先生が届けに来てくれました。

 

P1030499.JPG

 

「おいしーい!」

「もう1個いるー!!!」と

にんじんの苦手な子も喜んで食べていました。

 

たくさん作ったクッキーも、

あっという間に完売しました!

 

P1030497.JPG 

 

自分たちで全部作ったにんじんクッキー。

満足感や達成感の顔・顔・顔。

とっても楽しいクッキングの時間となりました。

 

にんじんクッキー、大成功!!!

お家でも是非どうぞ!!!

 

 

  

 年長組の音楽1日目。年長の部屋に、

 コップと水とストローを準備していきました。

 「先生、水飲むん?」「何するん?」と

 子ども達の頭の中は「はてな」だらけ。

 

 

さあ、何をするのでしょう??

 

まずは、コップの中に半分弱の水を入れます。

 

ストローをコップに差し、息を吹き込むと・・・

「ぶくぶくぶく~」

 

P1020034.JPG今度は、吸ってみます。

・・・ごっくん・・・ 「あ、飲んじゃった・・・」

 

吹いて吸ってと何度か繰り返したあとは、

息の吹き込み方を小さくしたり大きくしたりしてみました。

小さくすると「ぷくぷくぷく。。。」

大きくすると「ぶくぶくぶく~~~」 「あ~ こぼれちゃった!」

 

P1020062.JPG

 

P1020031.JPG数回繰り返すと、

こぼれないようにするためにはどのくらい吹けばよいのかなど、

子ども達は、グループの仲間と相談しながらいろいろと試していました。

 

 

「実は、これね、みんなもよくしてるんだけど・・・」

すると、「シャボン玉!」とM子がすぐに答えてくれました。

みなさんはお気付きになりましたか?

子ども達は、遊びの中で、

鍵盤ハーモニカの息の入れ方を自然と身につけてきていたんですね。

私も、今回のことで新たな発見でした。

 

最後は片づけです。

「さあ、コップの水を全部飲んでお片づけをしましょう。」

「え~、全部飲むの?(笑)」

テーブルの上もきれいに拭いて片づけ終了。

 

 

 

 

さて、いよいよ鍵盤ハーモニカの登場です。

 興味津々で蓋を開け、中身を出して準備します。

 

 ホースをつけて早速・・・ 

 「♪ド~~」 「♪レ~~」 「♪ミ~~」

 ドレミといえば「ドレミの歌」。

 この曲にあわせてドから順番に音を出していきます。

 

P1040383.JPG

 

P1020046.JPG

  コップと水でぶくぶくしたことが充分に発揮されたようで、

  子ども達の鍵盤ハーモニカの音はしっかりと出ていました。

 

 

 

  音楽2日目。

  初日から数日間後の音楽でしたが、

  初めに「ドレミの歌」にあわせて音出しです。

  「♪ド~~~」 「♪レ~~~」 「♪ミ~~~」

  驚きです。初日よりもさらに太いしっかりとした音が出ていました。

 

  鍵盤ハーモニカの基礎がしっかりしたところで、他の曲にも挑戦。

  みなさんお馴染みの「かえるの歌」です。

  ホワイトボードに階名を書いていくと、

  Y子が「あっ、その歌しっとる!」と階名で歌い始めました。

  すると、次第に全員で大合唱。

 

P1040385.JPG               

  「さぁ、なんていう歌?」

  「かえるのうた~!!」

 

  まずは、1番を歌詞で、2番を階名で歌ってみました。

  大きな声で張り切って歌う子ども達。

  次に、鍵盤ハーモニカで実践です。

 

  ゆっくりやってみましたが、ちょっと難しい様子。

  それでもがんばる子ども達。

 

P1040389.JPG

 

P1040409.JPG   T男「あ~難しい。」

 Y美「少しできるようになった。」

 などなど、難しいながらも子ども達は

 それぞれにがんばって繰り返し練習をしていました。

 

 

P1040414.JPG

 

 

 

そして、いよいよ年長組の音楽最終日。

最終日は、4クラス合同で行いました。

 

 2クラスが鍵盤ハーモニカ、

 もう2クラスが小楽器(タンバリン・鈴・トライアングル・ウッドブロック)に

 分かれて演奏してみました。

 

 

P1010706.JPG

まずは小楽器です。

タンバリン→鈴→トライアングル→ウッドブロックの順で

リズムに乗って音を鳴らします。

何回か音を鳴らしていると、

タンバリンをたたきながらノリノリのR男。

一方では、トライアングルを一生懸命鳴らそうと

眉間にしわを寄せてがんばるS男。

 

 

それぞれにがんばる子ども達でした。

 

そして、鍵盤ハーモニカは、テーブルごとに音を決め、

決められた音を出すようにしました。

 

さあ、先生も加わりみんなで合奏です。

 

まずは、初日からやってきた「ドレミの歌」です。

1回目の合奏は、真剣な表情の子ども達でしたが、

楽器を変えながら何度か進めていくうちに、

リラックスして笑顔が見られてきました。

 

「じゃあ今度は曲を変えてみます!」

「え~!!なになに~??」

 

「♪ファソラシ♭ドシ♭ラソファラドラドッドッ♪」 

そう、「おどるポンポコリン」です。

演奏中に笑い声がきこえるくらい楽しい演奏になりました。

 

P1010720.JPGM子「あ~楽しい!!」

大満足で締めくくった音楽となりました。

 

実はこの後、

子ども達は自分達で廃材を使って楽器を作ったそうです。

カップを使ってマラカス、

トレイや輪ゴムを使ってギターやヴァイオリンなどなど・・・

 

「どうやったら音がでる?」「ここをこうするといいかも。」など、

友達同士で知恵を出し合い、楽器作りを楽しんだ子ども達でした。

 

 

 

音楽をすることで、

楽器に興味を持ち、自分で実際に作ってみる。

 

一つの活動から、

子ども達の力でいろいろな遊びに発展していくおもしろさを、

今回の音楽で改めて感じることができました。

 

「音を楽しむ」と書いて『音楽』

今後もどんどん音に親しみ、楽しさを感じていってほしいです。

 

 

 

年少の子ども達がミックスジュース作りに挑戦しました。

 

前日から楽しみにしていた子ども達は、

朝からやる気満々です。

 

どんな果物を入れるかクイズをすると、

バナナ・もも・牛乳・・・

いろいろな答えが返ってきます。

お母さんと作ったことがあるこどもは

作り方を教えてくれました。

今回はジュースの中に、にんじんも入れます。

子ども達はおいしく飲んでくれるかな・・・?

 

 

mikkusujyu-su.jpg

 

早速スモックを着て調理開始。

包丁を使って果物を切っていきます。

バナナは包丁についてしまうので取りながら切る子

音もリズミカルにトントントンと大きく切っていく子・・・

初めて包丁を使う子ども達も多く、

その表情は真剣そのものです。

 

 

mikkusujyu-su (1).JPG

 

mikkusujyu-su (2).JPG 

mikkusujyu-su (3).JPG

 

果物が切り終わると

今度はにんじんをすりおろします。

普段からシャボン玉遊びで

おろしがねを使い石鹸をすっていますが、

にんじんは硬く、思うようにすりおろすことが出来ません。

それでもグループの友達で協力しながらすりおろしました。

 

mikkusujyu-su (4).JPG

 

さぁ、いよいよミキサーの登場です。

にんじん・もも・バナナ・みかん・牛乳・シロップ・氷

子ども達が次々に食材を入れていきます。

 

いろいろな食材が混ざり合うときの

『ゴー』という音にびっくりした子ども達でしたが、

出来上がったジュースを見て自然と笑顔になりました。

 

mikkusujyu-su (5).JPG 

みんなでそろって"いただきます"と。

ゴクゴクゴク・・・

自分で作ったジュースを味わって飲みます。

「先生、バナナの味がするよ」 「いいにおい」

「おかわりしたい」

「私もおかわり!」

 

mikkusujyu-su (6).JPG

 

自分で作った料理は格別で

たくさんの子ども達がおかわりをし、

ミックスジュースは大好評でした。

 

包丁を使ったりおろし金を使ったり・・・と

遊びの中でたくさんの経験をしている年少さん。

手先を動かしてこんなに楽しい料理をすることが出来ます。

ご家庭でも一緒にクッキングを行ってみてはいかがでしょうか?

きっと、たくさんの「あのね・・・」が聞かれますよ。

 

 

 

 

« 2012年7月 | メインページ | アーカイブ | 2012年9月 »

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ