愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

課外講座より

2011年5月アーカイブ

4月22日にたけのこ堀りに出かけました。

 

前日から「かぐや姫いるかなぁ?」と楽しみにしていた子どもたち。

雨が心配されていましたが、

子どもたちの期待に答えて、なんとか持ちこたえてくれました。

 

 

 

たけのこ山に行くと、なにやらおもしろそうなものが!

 

竹と竹の間につるされていたのは、

長さの違う竹が8本!

 

子どもたちは「あれ何~」と興味津々。

たたいてみると、

8本の竹はそれぞれ違う音がしました。

 

すかさず、

 

「あ~!どれみふぁそらしど!や」

 

と気付いたのは、れいなちゃんとともみちゃん。

鉄琴のばちで竹の楽器を叩いて色々な音の違いを楽しみました。

 

 

P1060305.JPG 

 

竹のマイクでお友だちを呼んでみると、

竹山に響き渡るくらいの大きな音になり、

子どもたちもびっくり!

 

「おもしろーい」

 

とこはるちゃん。

 

あらんくんやかずきくんも手に取り、

次々と竹のマイクでお話が始まりました。

 

P1060301.JPGのサムネール画像のサムネール画像 

 

 

 

「かぐや姫いるかな」

 

と竹に聴診器をあてて音を聞いてみると、

"サー"っと水の流れる音がしたり、

コツコツ!と音がしたり、

(実は・・・この音はバスのおじちゃんが竹の上のほうを叩いている音でした。)

 

「あ!かぐや姫が叩いた!」

と大喜びの子どもたち。

 

P1060298.JPG P1060309.JPG 

この竹のおもちゃ・・・仕掛け人は園長先生!

竹山のお世話をしてくれているグループの担当者に

あらかじめ作ってもらっていたのです。

 

 

さて、主役のたけのこは・・・

 

残念ながら今年は不作だったのですが、

みんなの期待に答えてニョキっと小さな頭を出していました。

小さなたけのこは、なかなか出てきてくれず、

みんなで力を合わせてスコップで掘っていきました。

バスのおじちゃんに助けてもらいながら、

ついに!

念願のたけのこを掘ることができました。

 

 

たけのこ山を存分に楽しんだ1日。

後日、給食でたけのこご飯を作っていただきました。

 

 

新学期が始まって1ヶ月がたちました。

 

ばら組の子どもたちは、

年長さんになってからタオルかけの表示が数字になったり

♪お弁当の歌♪が変わったり

 

「幼稚園で一番のお兄さんお姉さんになった」

 

という期待に胸を膨らませながら、好きな遊びを楽しんでいます。

 

 

 

 

ぽかぽか暖かい気候の中、

第二園庭で遊んでいたときのこと

一面に広がるクローバーに大喜びの子どもたち。

 

 

「幸せの4つ葉のクローバー見つけよう」と

 

 

クローバー探しに夢中になっていた女の子たちは

次々と4つ葉を見つけていきました。

 

 

そのうち

 

「ねえねえ、年少さんにも教えてあげたら?」

 

と提案してくれたのは、こはるちゃん。

 

 

「じゃあ、幼稚園の色々なところの楽しいこと教えてあげようか?」と

 

誘ってみると、

 

「いいね~」と

 

"園内探検地図"の制作が始まりました。

 

 

年少、年中さんで思いきり遊び、

園内の楽しいことを熟知している子どもたちは

"楽しいこと探し"もおてのもの!

園庭に画用紙を持って行きスケッチをしていきました。

 

年少、年中さんで、

自分たちが優しくしてもらったことを思い出しながら、

今度は自分たちの番!と張り切っています。

 

ばら組さんのお部屋や階段のところに飾っているので

園に来た際には是非ご覧ください。

素敵な地図が出来上がっていますよ。

 

 

 

 

 

P1060126.JPG 

 

給食後に、

年中さんの着替えの手伝いに立候補する子もたくさんいます。

 

 

初めての制服への着替えを一生懸命頑張っている年中さんですが、

ブラウスの小さなボタンやズボンの肩紐がからまってしまったりと・・・苦戦中。

 

毎日、色々なメンバーがお手伝いの立候補をしてくれます。

初めての制服への着替えで苦戦している年中さんに

 

「こっちが前よ」

 

「裏返してあげる」

 

などなど、優しく声をかけてあげられるばら組さん。

お手伝いをしているときの表情は、

とても誇らしく自信に満ち溢れていました。

思いやりの心を持った子どもたちがたくさんいることを嬉しく思います。

  

P1060164.JPG 

 

 

P1060167.JPGこれからの1年間、

それぞれの子どもの気付きや感じたこと、

考えたことを大切にしていきたいと思います。

子どもたちが自己を存分に発揮し一人一人の個性が光り輝く1年となりますように!

« 2011年2月 | メインページ | アーカイブ | 2011年6月 »