愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

課外講座より

2011年2月アーカイブ

「ファンファンデイでダンスがしたい人集合!」

と声をかけると、なんと集まったのは女の子だけでした。

それも本当にダンス好きな女の子ばかり!!

 

何の曲で踊りたいか聞いてみると

AKB48とプリキュア!!」と即答!

今年は子どもたちのリクエスト通り

AKB48とプリキュアの曲で踊ることになりました。

 

 

DSC_4461.JPG 

振り付けは子どもたちと一緒に考えました。

「かっこよくて、かわいいダンスがいいね~。」と話しながら

子どもたちからいろいろな案が出てきます。

 

しかし、たくさんの案が出過ぎて、

子どもたち同士で衝突してしまうこともありました。

友だちと衝突したり、話し合ったりしてできた振り付けだからこそ

1つのダンスができた時、

みんなが満足するダンスになったのだと思います。

 

そして、

「みんなでそろえばかっこいい!

にこにこ笑顔でポーズをすればかわいい!」

を合言葉に練習を重ねてきました。 

 

 

DSC_4473.JPGステージ練習を行うと、

音につられて、他のクラスの子どもたちもホールに集まってきます。

いつのまにか、幼稚園の人気者になっていました。

 

 

そして、迎えた本番。

 

幕の裏までは緊張してこわばっていた表情も

幕が開くとスイッチが入ります。

目がキラキラ輝き、ポーズもしっかり決めた子どもたち。

「本物のAKBとプリキュアだ!」

と思ってしまうほど、成りきって踊っていました。

 

心配していた・・・

グループごとにズレてポーズするところ

マイクパフォーマンス

1人ずつ順番にステージでポーズするところも

子どもたちはしっかり音を聞いて全部大成功!!

 

 

DSC_4512.JPG 

踊り終わった子どもたちは

ステージで浴びた大かっさいに興奮して

みんなでハイタッチ!!

達成感に満ちあふれていました。

 

ファンファンデイが終わったホールはというと・・・

今でもAKB48とプリキュアの曲が流れています。

 

今では、踊っている子どもたちの人数はどんどん増えてきて、

年中ダンスの子どもたちが先生になって優しく教えてあげています。

みんなアイドルになりきって楽しく踊っています。

2学期中頃、れんげ組では「海賊ごっこ」が大盛り上がり。

手作りの大きな船や海賊旗も登場しました!

 

これまでは自分の好きな遊びをそれぞれが楽しんでいましたが、

運動会で育んだ仲間意識も加わり、

みんなで協力し合いながら遊ぶ楽しさを感じることが出来るようになりました。

 

そんなとき・・・

ファンファンデイではどんなことをしようか?という話が持ち上がりました。

すると、劇を選んだ子ども達からは「海賊になりたい!」という意見が。

こうして普段楽しんできた遊びを元に、劇作りをすることになりました。

 

geki2.JPG

 

geki3.JPGしかし、自分たちのしたいことだけを主張していても物語は成り立ちません。

男の子が大半を占める海の冒険のお話に、

「かわいいお話がいい!」と女の子たち。

話し合いはしばらく続き、

「じゃあ、きれいな宝石の島にお姫様が住んでいることにしたら?」

という素敵な解決策が。

みんなの意見を取り入れながら、お話作りは進んでいきました。

 

そんなとき、ひとりの女の子が絵本を持ってきてくれました。

その絵本は「ぼちぼちいこか」という"かば"のお話です。

 

好奇心旺盛な"かば"が色々なことに挑戦していくのですが、なかなか上手くいかず落ち込んでしまいます。

でもすぐに立ち直り、次々と挑戦し続けるというお話です。

子ども達の好奇心はとても大きく、

何かに挑戦しているときの目は光り輝いています。

しかし、そこには「できるかな~?」「できなかったらどうしよう。」などなど・・・不安な気持ちも入り混じり、足を踏み出せないこともあります。

その気持ちを支えるのは出来たときの喜びと、

見守ってくれている友達や家族、周りにいる人達。

 

 

今、信頼できる大好きな仲間たちと一緒に、色々なことに挑戦してほしい!

得意なことを表現し、認められる喜びを味わってほしい!

そんな思いから、今回の劇のテーマを"挑戦"としました。

 

そうと決まったら、

「竹馬できるよ。」「縄跳びしたい!」「ダンスしたい!」

発表したいことが次々と飛び出します。

 

この写真は、サッカーボールを作っているところです。

 

geki4.JPG「固いボールがお客さんのところに飛んでいったらどうする?」

「じゃあ、風船で作ったら?」

「それと、釣りの竿でボールをつって動かしたらいいんじゃない?」

と、アイディアマンの子。

「こんなの作りたい」とイメージしたものを、はさみやガムテープを使い、器用に形にしていく子。または、大道具のデザインをする子。

 

geki05.JPG

 

geki6.JPG

 

geki7.JPG実際に練習が始まると、元気な声で劇を盛り上げてくれた子。

ダンスが得意で、音楽が聞こえてくると自然に体を動かすことが出来る子。

友達がステージの上で緊張していると、「おれが一緒にセリフ言うよ。」と助けてくれた優しい子。

 

それぞれ得意なことや不得意なことがありますが、

友達と協力し合い、思う存分自己を発揮し、

助け合う心地よさを味わいながら劇遊びを楽しみました。

 

ファンファンデイ当日は子どもたちの「たのしい!」が表現出来た素敵な劇になったのではないでしょうか?

そして、仲間と一緒にやり遂げた!という充実感と達成感を味わった子ども達は、

今、一人一人が自分らしく、色々なことにチャレンジしています。

geki8.JPG

今年の節分に飾る鬼の絵は、

年長各クラスから一人ずつ描きたい子どもを選び

描いて貰うことにしました。

 

 

まず、ばら組!

誰か描きたい人いないかな~。

「鬼の絵 描きたい人!!」

「・・・・・。」

「ホールに飾る大きな鬼の絵よ~!」

「・・・・・。」

今年は、描きたい子どもいないのかな?

ばら組は無理かな?・・っと思っていたら、

「ぼく、描こうか。」

名乗りを上げてくれたのは、さかいあゆむくんでした。

あゆむくんは、以前虫捕りの絵を描いているのを見た時、

かまきりの絵を詳細に生き生きと描きあげていました。

「あっくん、描いてくれるの!!」「うん、描く」

と言うわけでばら組はさかいあゆむくんに決定!

 

 

次は、ゆり組!

部屋に行くとみんな外に遊びに行って誰もいません。

しばらくすると、担任のはるか先生が帰って来ました。

「はるか先生、ゆり組さんで鬼の絵描きたい子どもいるかな?」と聞くと

「最近絵に興味持ち始めた子どもがいます」とのこと。

それは、うめきゆうとくん。

さっそくゆうとくんに声を掛けてみました。

「ゆうとくん、鬼の絵描いてくれる?」

「・・・・。」

無理かな・・・ちょっと不安な私に

「いいよ!」と、気持ちよく引き受けてくれたゆうとくん。

ゆり組はうめきゆうとくんに決定!

 

 

最後にれんげ組!

部屋には子どもたちが楽しそうに遊んでいました。

ばら組と同じように

「誰か節分の鬼描いてくれる人いませんか?」

また、みんな悩むかな~と思っていたら即答が返ってきました。

即答の主は、まついのぞむくん。

すごく積極的に「描きたい!」と言ってくれました。

これで大きな三匹の鬼が出来る!!

 

見学の友達の見ている前で、少し誇らしそうに

そしてとても真剣に丁寧に描き上げていった三人の年長さん。

絵を描いていくにつれ、

どの子の顔にも自信が出て来たように見えました。

 

 

 

ばら組のさかいあゆむくんの鬼の絵は、

ギョロッと目を見開いたとても強そうな赤鬼。

手は、こん棒を握りしめ足は爪が尖がっています。

 

あゆむくんは、鬼を描きながら

「強い鬼がいいんよ!」と何度も言っていました。

あゆむくんの想像して描いた鬼は、

本当に今にも動きだしそうな強そうな赤鬼です。

とても満足そうなあゆむくん、

鬼のことが気になって、

描いた後も何度も絵を見に来ていました。

自分の描いた鬼に愛着が湧いているようでした。

 

 

 

ゆり組のうめきゆうとくんの鬼の絵は、

四角い顔四角い身体のロボットのような優しい青鬼。

小さいこん棒を持ち目は笑っているような可愛い目です。

描いているときは、「こんな大きな紙にどうしようか・・・」

と少し戸惑っている様子でしたが、

描き進むにつれてとてもリズミカルに筆が進んで行きました。

 

描き終わった後は、とても満足そうで、

見学に来ていた友達にも誇らしそうな顔つきになりました。

きっとゆうとくんの自信に繋がったのではないかと思いました。

 

 

CIMG3626.JPGのサムネール画像 

 

れんげ組のまついのぞむくんの鬼の絵は、

誰もがひきつけられるような、なんとも味わい深い鬼の絵。

大人が決して描けない子どもならではのユーモラスな鬼です。

どの角度から見ても困っているのに

笑っているような不思議にひきつけられる絵です。

のぞむくんが望んだように

誰も真似できない個性的な赤鬼が描きあがりました。

 

 

 

CIMG3628.JPGこの三匹の鬼の絵は、幼稚園のホールにドーンと飾っています。

是非 ご覧下さい。

« 2010年12月 | メインページ | アーカイブ | 2011年5月 »