愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

2009年8月アーカイブ

運動遊びのもう1人の講師は、前川えりこ先生です。

リズム遊びや、ゲーム性の高い運動を担当しました。

まずは、「おかあさんといっしょ」の

「ぱわわぷ体操」からスタート!!

前川先生の元気いっぱいの体操を見ながら、

子ども達も大きく身体を動かします。

さすがテレビの威力!!

いつもテレビを見ながら体操のお兄さんと一緒に

やってるんでしょうね。

みんなノリノリです。

 

P1010852.JPG 

 さぁ、準備体操がしっかりできたところで

次は「赤ずきんちゃんゲーム!」

 

・赤ずきんちゃん

・狩人

・おおかみ

 

に変身した子どもたち。

狩人が赤ずきんちゃんを助けるのを

おおかみが邪魔をするというゲームです。

子どもたちも真剣にルール説明を聞いています。

 

P1010841.JPG

さぁ!

 

お面をつけてやる気満々!!

スタートの合図は赤ずきんちゃん役の「たすけて~」の声です。

すぐに狩人がやってきて

赤ずきんちゃんと手をつないで助け出そうとします。

おおかみに捕まらないようにしっかり走らなくちゃ。

おおかみに捕まった赤ずきんちゃんたちは

元の場所からやり直しなのでみんな真剣です。

少し難しいルールですが、お互いに教えあいながら

ルールのある遊びに夢中になっています。

正面衝突をねらうペアもいれば

自分たちで考えておおかみに捕まらないように

遠回りをしている子もいましたよ。

いいですねぇ。頭も身体も使ってゲームを楽しんでいます。

 

 

P1010837.JPGのサムネール画像

そして1回目は、

赤ずきんちゃんと狩人さんをたくさん捕まえた

おおかみさんの勝利!!

2回目はまたやってみたい役に交代して

ゲームは更に盛り上がり大満足な子どもたちでした。

「豆腐」といえば、

今や世界的に認知されたヘルシーフード。

どうやって作るのか、ご存知ですか?

用意するのは、まず大豆。

これをひと晩、水につけておきます。

子どもたちの目の前で乾燥大豆と

水にもどした大豆の両方を見せました。

「これ同じ豆?」

「これで本当にお豆腐できるの?」

と不思議そう。

 

 

CIMG9754.JPG

次に、大きく膨らんだ大豆と水を

ミキサーにかけます。

「ゴォーー!」

大きな音にみんなビックリ。

 

CIMG9759.JPG

子どもたちから、

「あっ、牛乳!」の声。

いえいえ、これが『豆乳』です。

「これは牛の乳じゃなくて、豆の乳だから豆乳っていうんだよ。」

という先生の説明を聞いて、

子どもたちは、ようやく納得。

次に使うのは『布の袋。』

出来上がったばかりの豆乳を、袋に流し入れて、

「ぎゅ~~っ!!」としぼります。

この作業がなかなか大変!

子どもたちが、力を込めて頑張ります。

 

CIMG9765.JPG

すると・・・

袋の下のボールには、さっきよりもサラサラになった豆乳。

袋の中には、ぽろぽろっとした白いものが!!

 

 

CIMG9766.JPG

そうです。これが『おから』です!

「これはカスじゃないんだよ。」

「ちゃんと食べられるんだよ。」というと、

「え~っ!食べれるの?」と驚きの様子。

おから自体を知らない子どもの方が多かったようです。

「この豆乳に火を通してにがりを入れると、ちゃんとお豆腐になるからね。」

と伝えても、まだ不思議そうな子どもたちでした。

翌日、出来上がった豆腐を口にすると、

「おいしい!」

やっと納得の子どもたちでした。

 

CIMG7500.JPG

いかがですか?

意外と簡単でしょう?お宅でもぜひどうぞ。

ただし、にがりを入れた後はあまりかきまぜず、

常温で冷やすことをお忘れなく。

物の変化の不思議さ、

食べ物を1から作るおもしろさなど、

子どもたちは、このクッキングから

いろんなものを学んだようです。

 

音楽が大好きな子どもたち。

幼稚園の子どもたちは

毎日のように先生のピアノにあわせて

いろいろな歌を歌います。

 

でも好きな楽器を全員が自由に鳴らして

遊ぶ機会はなかなかありません。

夏特は絶好の楽器あそびの機会です。

 

担当の亀田主任と河田先生も張り切って楽器の準備をしました。

まずは、音階と音の名前に慣れ親しんでもらおうと

階名を色で覚えてもらいました。

ド レ ミ を 赤 青 黄・・・という具合に

ピアノの音と用意した旗の色を結びつけます。

興味津津で色を覚えた子どもたち

 

次にちょっとクイズ!

ピアノの鍵盤で、1つの音を出します。

それを耳で聞いた子供たちが

その音の色の旗を上げるというもの。

さあ、音当てクイズのはじまりはじまり!

 

このクイズ。驚いたのは、先生たちでした。

年長クラスのほとんどの子どもたちが

瞬時に正しい旗をあげてしまったのです。

 

CIMG7443.JPG

これって絶対音感!?

あらためて子どもたちの耳の良さに脱帽です。

なかには和音を正しくあててしまう女の子も出現

これには先生たちも舌を巻いてしまいました。

 

そのあとは、木琴や鉄琴、鍵盤ハーモニカなど

好きな楽器を選んでいよいよ合奏です。

さっき色で覚えた階名をたよりに

アッというまにメロディーを弾けるようになった子どもたち

 

CIMG7446.JPG 

ドレミの歌や、きらきら星といった曲を

みんなで思い思いに弾いて合奏を楽しみました。

 

先生のピアノも入って聞こえてきたメロディーは

間違いなんか気にしない!

音楽大好き!

という子どもたちの素直な気持ちが

そのまま表れたような、のびのびとした音となって

心地よく響いていましたよ。

 

 

年長さん3回目の英語あそびのテーマは

虫!!英語でいうとinsect  または bug

 

子供たちは虫が大好きです。

男の子には特に虫好きが多く、毎日虫かごにいろいろな虫を

入れては登園する子もたくさんいます。

 

そこで、その虫を英語で言えたら・・・。きっとすぐに

覚えてくれるに違いない!!

 

まずは、1学期に習ったクモの歌からスタートです。

おなじみのEensy Weensy Spider

の歌は、これもおなじみのひもを伝ってどんどん上っていく

おもちゃを披露しながらの復習です。

 

あいかわらずこのおもちゃは大人気。

晴れてる(sunny)間はちょっとずつひもを登っていって、

雨が降ってきた!!(Rain!!

の掛け声があるとひゅ~っ・・と落ちてくる

これで、rainy , sunny そしてspiderの単語をしっかり復習できました。

 

続いてほかの虫の英語も覚えました。

 

カブトムシ  てんとう虫  バッタ  ちょうちょ  とんぼ

 

英語でなんというか、おわかりでしょうか?

 

正解は

beetle   ladybug  grasshopper  butterfly    dragonfly 

でした。

 

さっそく覚えたての虫の名前を聞いて、正しいカードをひろってくるという

虫とりゲームをしました。

チーム対抗なので、盛り上がる!!盛り上がる!!

ついに悔し涙を流してしまった子も多数出現・・・

いいですねえ。この純粋な悔し涙。

私は負けてしまって涙を流す子って好きです。

悔しい!勝ちたい!をこんなに素直に表現できる。

この気持ちが明日の強さを作るんですよね。

 

  DSCF8933.jpg

この日はさらに、walk   run    tip-toe   hop  swim 

といった運動を表す言葉も紹介。

こちらもチーム対抗で

ゴール目指してレースをしました。

 

真剣な表情で

歩く 走る つま先立ち ケンケン飛び 泳ぐ

などの動作をしながらゴールを目指す子供たち。

見てる大人はかわいいやらおかしいやらで大ウケです。

また、音楽にあわせ、walk! hop! などの掛け声を聞きわけながら

みんなでこの動作をして保育室中をかけめぐる体操をして終了。

 

  DSCF8941.jpg 

英語あそびの後は、その日の英語のテーマと関連のある工作をしています。

今日はなんと、あの、みんなのあこがれの

ひもを伝ってのぼっていくスパイダーのおもちゃを作りました。

 

スパイダーの代わりにbeetle   ladybug のどちらか好きなほうを選んで作ります。

虫の形に切った紙の裏側にハの字型にしてストローを2本はりつけます。

長いひもを2つおりにし

ひもの両端をストローに通してから結びます。

ひものてっぺんを高いところにひっかけて

後はストローの下のところを交互に引っ張ると

あらあら不思議!

虫がどんどんひもを伝って登って行きます。

この工作に子供たちは熱中!

上手に登らせるためにはどうしたらいいか、

自分なりにストローの角度を変えては試していました。

試行錯誤の結果、上手に虫を操れるようになったようです。

ご家庭でもぜひお試しくださいね。

 

 

DSCF8918.jpg 

 

 

 

今日は年少クラスのクッキング。

ミックスジュースとバター作りです。

はじめにミックスジュース作り!初めて包丁を握る子も多く、

先生の道具の使い方の説明をしっかりと聞いていました。

いざ、包丁を握るときには少し緊張気味でしたが、

もう片方の手を「ねこの手」にして「トントン」と言いながら、

大きなバナナを切っていきます。

 

 

CIMG7428.JPG

次は、いよいよバナナとみかん、牛乳と氷を

ジューサーミキサーに入れます。

ドキドキワクワクの子ども達。

 

『ゴォー!!』

 

ジューサーから大きな音がしてみんなびっくり!

驚いて耳をふさぐ子もいました。

音が止むと・・・

栄養いっぱいのミックスジュースの出来上がり!

飲んでみると「おいしい!」「おかわり!」の声。

いつも食べている果物から

こんなトロトロのジュースができるとは!?

子ども達も発見が増えました。

   02.JPG 

次にバター作り!

 

生クリームからバターが出来ることご存知でしたか?

用意するものは

生クリーム・塩・ふた付きの容器です。

容器にバターを入れて、上下によく振ります。

すると、油分が分裂してバターになります。

この作業が大変!

みんな一生懸命振っていましたが、

なかなか固まりません。

お友達や先生と一緒にみんながんばります。

 

 

 

03.JPGのサムネール画像

しばらく振っていると、何も音がしなくなりました。

中身を出してみると、

 

「わぁー!とろっとしているね。」

「固まっているね。」

と嬉しそうな子ども達。

 

これに塩を少々入れて混ぜると、バターのできあがり!

この日の給食のパンにつけておいしく食べました。

バターはちょっぴり甘い手作りの味がしました。

 

 

04.JPGのサムネール画像 

 

今日は、保育園副園長の林先生の運動遊びです。

年少さんには初めての男の先生でちょっぴり緊張気味。

不安と期待が入り混じった子どもたちです!

 

最初は準備運動。

まずは、関節の曲げ伸ばしと柔軟体操をしました。

 

 

CIMG7377.JPGのサムネール画像思っていたよりも、

子どもたちの体が硬いということが判明...

 

前屈をしてみたところ

手がなかなか足に届きません。

 

今日はマットを使っていろいろな運動遊びに挑戦です。

まずは、動物の模倣遊びです。

ペンギンや、ワニや、熊などの

かわいらしい動物の真似をした子どもたちが

次々に行進していきます!

 

CIMG7384.JPG

「ガオー!」

 

と鳴いてみたり、

手足を大きく動かしたりと、

先生の見本がなくても、

ちゃあんと動物の特徴をとらえて、

自分なりの表現ができます。

最後は暑さと疲れを吹き飛ばす『お化け退治』です。

お化けになったのは、もちろん林先生。

マットを持った林先生に、

子どもたちが容赦なしに襲いかかります。

最初は怖がっていた子も、

だんだんテンションが上がってきて、

「トー!」とか「えい」などの掛け声とともに、

お化けに向かって体当たり!

 

 

CIMG7395.JPG

さすがの林副園長も、

たまらずつぶされてしまいました。

 

CIMG7399.JPG

初めての運動遊びは、

汗をいっぱいかきながらの、

楽しい時間になったようです。

 

南米キューバで生まれた楽器

ボンゴを子どもの数分準備し、

さらにボンゴの名人、林さんをお招きしました。

 

まずは名人のたたき方を

目の前で見せていただきました。

歯切れのいい乾いたボンゴのリズミカルな音に

一同「すご~い!」の顔でした。

 

次は子ども達の番。

保育園園長、逸見先生による

リトミック活動開始です。 

先生が全身でリズムをとって

動きながらボンゴをたたく様子を見ながら

子ども達もまねっこします。

使うのは目と、手と、そして耳!!

先生がぱっと手をあげて静かになると

子ども達もすぐにたたくのをやめます。

 

CIMG9684.JPG

そして「おもちゃのチャチャチャ」を初め数曲を

それぞれの子ども達が思い思いに

リズムをとりながら演奏しました。

そのうち、シェーカーやタンバリンも加わり

林名人のボンゴと子ども達の競演です。

 

中には林名人の打ち方を見て

そっくりそのまままねしようと

真剣な面持ちで頑張る子どもたちもいました。

その気持ちがすばらしい!!

 

こうして子ども達と逸見先生、林名人との

音楽のコラボレーションは大成功で終了しました。

 

 

  P1010795.JPG

夏休み特別預かり保育では、

初めて英語あそびの一部を外部の講師の方に

お願いして行なっています。

 

金高が以前よりお世話になっているNPO団体で

OKiDoKiという国際交流や英語指導を

行っているグループです。

 

今日は年中クラスをお願いしました。

まずはアルファベットの歌。

ABC・・・だけでなく、

A、A、ア、ア、アッ

B,B,ブ、ブ、ブッ

と、フォニックスを取り入れた

歌とダンスで子ども達もすぐに

ノリノリになってきました。

 

動物の名前では、

まず大型絵本を見ます。

次に動物の鳴き声を聞いて動物をあてるクイズ!

次に動物のまねをしながらカードにタッチ!

フォームの始まり

フォームの終わり

 

 

どの遊びでもダンスをしたり歌ったり、

体を使って

のびのびと楽しく遊ぶことができました。

 

英語とペアで行なう工作では

習った動物のお面を作って楽しみました。

先に工作をしたクラスでは

お面をつけたままで

楽しそうに英語のダンスをしました。

 

CIMG7276.JPG


造形の講師は、わかば組担任の門屋敦子先生です。

 

自分でも美術の先生について絵を習っている先生は

美術の指導がとっても上手。

子ども達がいつの間にか

絵が上手になっていくと評判です。

 

今日は夏野菜がテーマ。

すいか、とうもろこし、トマト、

なすやきゅうりにかぼちゃなど、

子ども達の前に新鮮なお野菜が運ばれてきました。

目の前でざくっ、ざくっと

野菜を切っていきます。

 

 

P1000594.JPG

子ども達から大きな歓声が聞こえます。

その興奮が冷めやらないうちに

子どもたちひとりひとりに配られた

大きな和紙と墨。

さらに200色のアクリル絵の具!

 

 

CIMG7253.JPG

子ども達は目の前の野菜をじっと見ながら

墨で大胆にラインを描きます。

その後、自分の思うとおりの絵の具を選んで

色を塗っていきました。

 

できあがりは・・・この通りです。

和紙に描かれた絵はにじみ具合やかすれ具合にも

味わいがあります。

どの1枚をとってみても

個性あふれるマスターピースに仕上がりました。

 

 

CIMG7259.JPG  P1000638.JPG


« 2009年5月 | メインページ | アーカイブ | 2009年9月 »

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ