愛媛県 松山市 幼稚園 保育園 連携型 松山認定こども園 星岡

松山認定こども園 星岡

お母さんのお部屋

ホーム > こども園だより

今月の活動

0~2歳児活動

3~5歳児活動

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

今月の活動バックナンバー

こども園たより

ハッピーバースディ

園の行事は計画をしたり、司会をしたりする担当の先生が決まっています。

今年の親子遠足を担当する先生は3人。

実はそのうち2人が雨女なのです。(2人が担当する行事は雨天が多いかも・・・?)

 

それに打ち勝つ園長先生!

何をかくそう我が園の長は晴れ女なのです!

 

そして、今回は頼もしい助っ人もいます!

 

課外の体操教室や運動遊びの講師をしてくださっている

こども体育研究所"得能 朝雄(とくのう あさお)先生"です。


19_oyakoensoku (6).JPG

 

得能先生が司会台に立つと

「あ!得能先生だ!」「得能先生もおるん?やったー!」と子ども達は大喜び。

まずは、パパが嬉しいストレッチ。

その名も「くっつきっこ」

その場駆け足をして、得能先生が言った体の部分を親子でくっつけます。

「おしり」「おなか」最後は「ほっぺた」

大好きなお子さんとほっぺたをくっつけるお父さんたち。

「なんだかドキドキした。」「いつまでしてくれるかな?」

と少し恥ずかしそうに話してくれました。



19_oyakoensoku (7).JPG

19_oyakoensoku (8).jpg

19_oyakoensoku (9).jpg



次は女の子チームが作ったトンネルを男の子チームがくぐります。


19_oyakoensoku (12).JPG

19_oyakoensoku (11).jpg

子ども達はスルスルとくぐりますが、お家の人達は

「あ~・・・これ結構きつい~」と悲鳴をあげていました。

女の子チームがくぐる際ももちろん一緒。


19_oyakoensoku (13).jpg

 

最後は、お家の人におんぶしてもらい、握手競争。

先生たちが握手をして周り、1番早くゴールしたクラスが勝ち。

「先生、頑張って!」と応援され、先生たちもやる気満々。

1人1人としっかり握手をさせてもらい、グッと心の距離も近くなりました。


19_oyakoensoku (10).JPG

19_oyakoensoku (14).jpg

 

その後、パプリカの体操をしてお昼ごはん。

お母さん達が作ってくれたお弁当を美味しそうに頬張る子ども達。

「お母さんの作った卵焼き、おいしいんよ。」「今日はトマトも食べられそう!」

と満面の笑みで食べていました。


19_oyakoensoku (1).JPG

19_oyakoensoku (2).JPG

19_oyakoensoku (3).JPG


お弁当のあとはお菓子交換をしたり、山の上の遊具で遊んだりと

のんびり過ごすことができましたよ。


19_oyakoensoku (4).jpg

19_oyakoensoku (5).jpg

 

今後も楽しい出来事がたくさんあります。

楽しみにしていてね。


年中組に進級し、はや2週間が経とうとしています。

新たな環境にドキドキわくわくしていた子ども達も、

新しい友達ができたり裸足になってどろどろになるまで遊んだり、

園生活を楽しんでいる姿が見られます。

そんな中、さっそくバスに乗って園外に出かけることに

「玉ねぎを収穫しに行くよ」と伝えると、

「俺力持ちやけんいっぱい持てるよ」「わたし玉ねぎ大好き」と

嬉しい声がたくさん聞かれました。

 

玉ねぎの収穫_19 (1).JPG




当日はいい天気!バスに乗り込み出発です。

バスの中では、玉ねぎがどのように育っているのか話したり、

窓から見える春の景色をみんなで楽しんだりしました。

 

 

 

アルムの里にはヤギや羊もいます。赤ちゃんも生まれていて、触れ合いながら餌やりもしました。

「このヤギはひげがあるよ」「ふわふわで可愛いね」と、触れ合いの時間を楽しんでいました。

 

DSCN3976.JPG

DSC08867.JPG

 

アルムの里の方に「両手でしっかり持って横に引っ張りながら抜くんだよ」と教えてもらい、

腕まくりをしてさっそく玉ねぎ掘り開始。

「なかなか抜けない」と踏ん張りながら、スポンと出てきた玉ねぎの大きいこと!

「わたしの顔くらいあるよ」とびっくり。たくさん収穫できて、大満足でした。

 

DSCN3951.JPG

P1460508.JPG

DSCF7053.JPG

 


 DSCN1393.JPG


アルムの里の方に、玉ねぎのスライスとしそジュースをいただきました。

みんなペロリと食べて「おかわりください!」とモリモリ食べていました。


「たけのこ掘りに行けるのって年長さんだけよね?」と、年長になった喜びを感じ「先生。まだ片付けしないの?」と待ちきれない様子の子ども達。「たけのこ掘りへでかけるよー!」と声を掛けるとあっという間に片付けを済ませ準備完了!


たけのこほり (9).JPG


帽子をかぶり、スコップなどの道具も自分達で持って山へ向かいました!


たけのこほり (11).JPG


「さらさらって音がきれいだね。上をむくと葉っぱが光って見えてきれいだよ。」

と教師が子ども達に気付けるような声を掛ける前に、子ども達自身が気付き耳を傾けていました。

たけのこ掘りのやり方や、竹についていろいろ教えてもらったので・・・たけのこ掘りのスタートです!


たけのこほり (2).JPG


友達と力を合わせて


たけのこほり (1).JPG

DSCN3097.JPG


スコップも貸し借りして

友達が頑張っている時には応援して

たくさんのたけのこが掘れました


たけのこほり (5).JPG

たけのこほり (4).JPG


掘ったタケノコは袋に入れて持ち帰り皮をむきました。タケノコのこんなにチクチクしていることを初めて知り、剥いているとツルツルになっていくこと、たくさんの枚数の皮で実が守られていることをしりました。


たけのこほり (8).JPG

たけのこほり (6).JPG


新しいクラスが始まってまだ1週間が経ってなく、新しい先生・新しいクラスの友達にまだ少しドキドキした気持ちをもっているようですが、「○○ちゃんが掘るのを手伝ってくれたよ。」「○○くん力が強くて、すごく大きなたけのこ持っていたよ!」など新しい友達のことを知り、良いところを見つけたようです。「旬」を感じ、たくさんのタケノコを収穫できただけではない年長初めての園外保育となりました。

 

後日・・たけのこご飯、たけのこ入り味噌汁、中華丼など様々な給食のメニューにたけのこが入っており、子ども達も大喜びでおいしく頂きました。




4月10日は松山認定こども園星岡の入園式がありました。

2019入園式 (1).JPG


園庭には桜が咲いており、色とりどりのちゅうりっぷが咲き誇るなか、

保護者と一緒にドキドキ、ワクワクしながら登園してきた新入園児たち。

ピカピカの制服にかばんを背負って新しい担任の先生やお友達とご対面です。

 2019入園式 (2).JPG

お母さんたちと離れるときは寂しくて泣いてしまう姿もありました。

さあ、いよいよ入場です。緊張している様子でしたが入場すると

自然と笑顔になっている子もいました。

2019入園式 (3).JPG


入園式では学園長先生からのお祝いの言葉を頂き、

年長児の宇宙探検隊が登場したり、時には号令に合わせて敬礼をしている姿に

びっくりしていました。また、年長児は素敵な歌を歌うかっこいい姿を見せてくれました。

2019入園式 (5).JPG


次は先生達からのお話です。

スライドを見ながら、ちょうちょやちゅうりっぷの歌を歌ったり、

野菜や泥んこ遊びの手遊びをしました。先生達を見て真似をして

一緒に歌ったり手遊びをしたりしました。

2019入園式 (6).JPG


いよいよ始まるドキドキの幼稚園生活。

園庭では色水や泥団子など楽しい遊びがいっぱいあります。

初めての集団生活や新しい環境に戸惑いながらも、

日々成長していく姿を見られることを楽しみにしています。

 

本日、松山認定こども園 星岡の卒園児121名が新たな一歩を歩み始めました。

 

温かく心地よい風が吹く中で行われた卒園式。

バスに乗って登園した子たちは

「おじちゃん、今まで送ってくれてありがとう。」と

感謝の気持ちを表し、お家の人と登園した子達は、

「行ってきます。(かっこいいところを)見ててね。」と

逞しい姿を見せてくれました。

 

教室や園庭では、「一緒に遊ぼう」「何して遊ぶ?」という

いつものやりとりも今日ばかりは少し寂しく感じます。

 

ままごとや色水、土山にシャボン玉

今まで色々な遊びを経験し、強く大きく成長してきた子ども達。

18_sotuen(1).JPG


18_sotuen(5).jpg

 

いつの間にか、卒園式を迎えるまで残り30分となりました。

教室に入り、担任の先生にコサージュをつけてもらった卒園児は

「先生、いろいろなこと教えてくれてありがとう。」と

寂しそうに呟いています。

思わず担任も目にいっぱいの涙を溜めていました。

18_sotuen(6).JPG

 

入場の準備ができ、スライドが流れました。

3年間の思い出がたくさん詰まったスライドを見ると

お母さん達も胸に詰まる思いが涙となって溢れています。

 

卒園式が始まり、立派に成長した卒園児が入場してきました。

卒園証書をもらい、ひとりひとり胸を張って歩く姿に

先生たちも涙が止まりません。

18_sotuen(8).JPG


18_sotuen(9).JPG


18_sotuen(10).JPG

18_sotuen(11).JPG

 

来賓の方々からお祝いの言葉を頂き、園長先生から記念品をもらい

次は年中児からの贈る言葉です。

 

「一緒に遊んでくれて楽しかったよ。」

「いろいろな事を教えてくれてありがとう。」

「小学校行っても頑張ってね。」と元気な声で送り出してくれました。

 

 

 

最後は卒園児からのお礼の言葉。

今までの出来事や思い出などを心を1つに話してくれました。

手話をしながら歌う"大きくなったよ"は、

卒園児たちの綺麗な歌声で大きな感動が生まれました。


 

無事に卒園式後の各クラスでのお別れ会では、

笑いと涙であふれた物になりました。

 

そして、いよいよ最後のお別れの時。

18_sotuen(2).JPG

 

卒園児がお母さんと一緒に花道を通ると

「バスに一緒に乗ってくれた」「縄跳びを教えてくれた」という

感謝の気持ちがあふれた年中さんたちが

「おめでとう!」とハイタッチをもとめに行く姿が!

18_sotuen(3).JPG


18_sotuen(4).JPG

 

言葉はありませんでしたが、次に年長に進級する年中児に

「こども園のことをよろしく」「頑張ります!」と語っているように見えました。

 

こうして、幸せと感動がいっぱいの1日が終わりました。

 

先生たちはいつでもみんなのみかたです。

元気いっぱいで可愛いみんなが

これからもずっとずっと幸せに楽しく新しい道を歩んでいけますように。

 

年長児は2年間、年中児は今年度から茶道に触れてきました。

落ち着いた環境の中で正座をし、集中して作法やお運びの経験を積むことが出来た子ども達。

今回は今までの経験を活かし、

集大成としてお運びをしたりお菓子やお茶を頂いたりしました。

年少児は来年度から取り組む茶道の雰囲気を味わいました。

 

最初、茜先生のお点前を見てお茶の立て方や作法を学びました。

茶道ではコップやスプーンではなく、茶碗・茶さじ・茶巾といった

少し難しい言葉の道具を使うことを知りました。

 18_sadou(1).JPG

18_sadou(2).JPG

まずは年中児が、『4月からのこども園は僕たちに任せて!』という

気持ちを込めて、年長児にお運びをしました。歩き方やお茶の出し方など、

とっても上手にこなしてくれました。

お茶菓子には『鈴カステラ』を。先にお茶菓子を頂くことで、

口の中に甘みが残り、より抹茶が美味しく頂けます。「甘くて美味しい。」と子ども達に人気でした。

 18_sadou(3).JPG

18_sadou(4).JPG


18_sadou(5).JPG

次に年少児。年長児を真似してやってみよう!とワクワクした表情で初の茶道体験!

茶道での歩き方を知ると、早速真似をして挑戦していました。

ござの上で正座をするとなんだかドキドキしているようでした。

「お菓子を1つ取ったらお皿を隣に回そうね。」と先生の話を聞き、

慣れない座り方でゆっくりとお皿を回していました。

お菓子を頂きお茶が運ばれてくると「お茶の良い匂い~」と嬉しそうな顔の年少児。

「美味しいけどちょっと苦い~」と、年長児と同じ抹茶を飲んで、

自分達もお兄さんお姉さんになったようでした。

18_sadou(6).JPG

18_sadou(7).JPG

 

 

年長児、年少児にお運びをしてくれた年中児のみんな。

最後は年長児にお茶を運んでもらい、頂きました。

大仕事をした後のお茶の味は格別だったかな?

長時間集中して取り組んだ年中児。

4月から年長児としてこども園をリードしてくれることを期待しています。

 18_sadou(8).JPG

今年度最後の音楽集会となりました。

まずは、みちこ先生とみずよ先生による演奏です。

何回聞いてもうっとりするような歌声と優しいピアノの音色。

 18_3ongaku(1).JPG


18_3ongaku(2).JPG

毎月教えてもらった発声練習をクラスでもしたり、

どのような気持ちで歌えばいいのかを教えていただいたことを思いだし、

心をこめて、また、「みんなに聞いてもらいたい」という思いを持って、

一生懸命歌っていました。

18_3ongaku(3).JPG

最後に今年度もお世話になったみち子先生とみずよ先生に

各学年で歌のプレゼントをしました。

まず初めに年少組の『さんぽ』です。

大きな声で、かわいらしく歌う姿に癒されました。

18_3ongaku(4).JPG

次に年中組が『ありがとうの花』を歌いました。

歌詞の意味がしっかりと伝わるよう綺麗な声で歌いました。

18_3ongaku(5).JPG

最後に年長組は『』を歌いました。

卒園式もまじかに控える年長組さん心のこもった歌声に感動しました。

18_3ongaku(6).JPG

この一年間でたくさんの歌を上手に歌えるようになりました。

年少さんは年長さんや年中さんの真似をして、

手を後ろにくんで歌う姿勢ができるようになり、

年中さんは、長い曲の歌詞を覚えて最後まで一生懸命歌えるようになり、

年長さんは気持ちをこめて、みんなのお手本となって歌えるようになり、

子どもたちの成長を感じ、先生たちも感動しました。

今年度最後のお話集会。

今月のテーマは、「進化」。進級・進学するみんなに向けて、

えっちゃんが楽しいお話を聞かせてくれました。

 

今月は、年中児がお世話をしてくれ、

リトルクラスの友達も一緒に楽しみました

 18_3ohanashi(2).JPG

 

『おばけだじょ』の絵本から始まったお話し会

黒い身体のお化けが登場。足が生えて、手が生えて・・・あれ?なんと、

「カエル」に進化していったのです。お化けの正体は、

「おたまじゃくし」。進化するお化けを見て、

「うわ~!」「何あれ~」と驚きが隠せない様子の子ども達。

 18_3ohanashi(3).jpg

 

おばけでてきたよ~!

 18_3ohanashi(4).jpg

 

2つ目の絵本は、『おっとあぶない』というカエルが登場するお話。

カエルはどうして緑なの?カエルはどうして身体を伸ばして跳ぶの?

など、カエルがどうして今の姿に進化したのかが分かるとてもおもしろいお話です。

ピンチを乗り越えて強くなったカエルのように、

こども園のみんなにも強くなってほしいとえっちゃんから願いが込められました。

 18_3ohanashi(5).jpg

 

最後は、『さくらもちのさくらこさん』という

春を感じることができる絵本を読んでもらいました。

たくさんのおやつが出てくるお話の中で主人公は『さくらもち』。

周囲のおやつが楽しく遊ぶ中、さくらこさんは、

ひとりぼっち。いつの間にか、満開の桜の木の下にいたさくらこさんは、

落ちてくる花びらにとても嬉しくなり、踊りだしました。

楽しく踊っているさくらこさんを見て、

たくさんのおやつも集まりダンスパーティーのはじまり。

気付けば、周りにはたくさんの仲間たち。新しいクラスになっても、

みんなで楽しんでほしいなと思いを伝えてくれました。

18_3ohanashi(6).JPG

 

最後は、「おおきくなったら」のパネルシアターを見せてくれました。

「バナナは月」「おにぎりは富士山」など

それぞれが大きくなったら何になりたいかを歌に合わせて紹介。

みんなは、大きくなったら何になりたいのかな?

 18_3ohanashi(7).JPG

 

来年度もたくさんのお話を楽しみにしています♪

 

3学期の思い出作りという事で土手滑りに行く事にしました。

予備日の昨日は、子ども達の「土手滑りに行きたい!」

「晴れて!」という願いが届き、

太陽が顔を見せてくれる天気となりました。

今回の土手すべりでは体全体を使って、すべったり、

のぼったりして体力をつけるとともに、

走ったりすることで風を心地良く感じてほしいという思いがあり、

計画しました。ご家庭から持って来ていただいた段ボールを、

滑りやすく変身させ、好きな絵を描いて自分だけのソリに仕上げました。

いざ、大切なソリを持って出発です!

18_dotetyu(1).JPG

18_dotetyu(2).JPG

 

土手に着くと「高い!」と驚きの声が。

年少さんの時に行った土手よりも高さがあり、

初めは恐る恐るでしたが勇気を出して滑っているうちに、

どんどん上達していきました。

今まで色んなことに挑戦し、

身も心も強くなった子どもたちはもっと高いところも滑ってみることに。

「一緒にすべろう」と、友達と一緒なら怖さより楽しさが勝ち、

何度も何度も足を踏ん張り、坂を登って楽しみました。

「風が気持ち良かった」と風を切る心地良さも味わう事ができました。 

18_dotetyu(3).JPG

18_dotetyu(4).JPG

18_dotetyu(5).JPG

 

広場では鬼ごっこや縄跳びも楽しみ、

最後はみんなでおやつも食べました。

土手遊びを満喫した子ども達でした。 

今回の土手すべりでは何度も繰り返し土手を登っていく子ども達を見て、

足腰が強くなったなあと感じました。

また、「勇気を出してやってみると、とても楽しかった」と、

挑戦することの楽しさに気付いたようです。

今のクラスで過ごす時間も残りわずかとなりました。

教師共々たくさん遊んで心に残る思い出をたくさんつくっていこうと思います。

18_dotetyu(6).JPG

18_dotetyu(7).JPG

18_dotetyu(8).JPG

18_dotetyu(9).JPG

まつもとファームに行ってきました!

 

年中・年長組が園外保育でいちご狩りに行ったので、

年少組もこども園裏のまつもとファームにいちごの見学に行ってきました。

今回は見学のみでしたが、

ファームの方にいちごについてたくさんお話をしていただきました。

18_2itigo(1).JPG 

園に戻り、待ちに待った給食の時間。

みんなで獲れたてのいちごを食べました。

「甘くて美味しいね♪」と楽しい時間となりました。

目の前にいちごがあるのに触りたい気持ちをグッとこらえて真剣に話を聞くみんな。

成長しましたね・・・。「いちごにもきれいなお花が咲いているよ。」

「はちが飛んでるね。」など目をきらきらさせながら

たくさん発見していました。

 18_2itigo(4).JPG

18_2itigi(2).JPG

18_2itigo(3).JPG

何の仲間・・・?

動物でたとえると、ライオンやチーターは猫科で猫の仲間になりますが、

いちごは何の仲間か知っていますか?!

子どもたちは「バナナ」や「みかん」「りんご」などたくさん答えていました。

そして答えは・・・植物の『バラ』の仲間なんです。

バラも昔はいちごの花のような形をしていたそうです。

これには子どもたちも先生たちもびっくり!お家で話してくれた子はいたでしょうか・・・。

ご褒美の時間♪

18_2itigo(5).JPG

18_2itigo(6).JPG

18_2itigo(7).JPG

18_2itigo(8).JPG

18_2itigo(9).JPG 

食後のいちごが早く食べたくて、

給食を一生懸命食べていました。つやつやで新鮮ないちごは、

種やひげも生き生きとしていました。「おひげがたくさんあるよ!」

「ピカピカ光ってるね」などと嬉しそうに食べていました。

年中組でのいちご狩りも今から楽しみですね♪

 


アーカイブ

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ