Loading

アルバム

 
お子様の園活動の様子がご覧いただけます

1~2号園児(3~5歳児)

れんげ組のアリの巣

1学期は田んぼでカエルやヤゴを捕まえました。そして2学期には、畑でバッタやトンボを追いかけ、観察することで小さな生き物の命を大切にし、生態を知ることができています。虫の中でも1番身近で、一番小さなアリに興味を持つと「アリの巣の中に入ってみたい。小さくなったらできるのに!」という子ども達の声があり、アリの巣観察を始めました。
アリの巣は、最初どんどん縦に伸び、次に横に伸びてきて見る度に形が変わっていました。巣をどんどん掘る中で大きな砂の粒は2匹のアリで協力したり、巣の近くに置いたお菓子を運ぶアリがいたり、なかなか見ることができない巣を作る様子を観察できました。
そして、「卵がたくさんある部屋」「お菓子の部屋」「ありは葉をベッドにするのかな?」とイメージしながらみんなで画用紙や折り紙、絵の具を使って表現しました。

2019.10.03